2018.08.07

高台にある築45/重量鉄骨造2階建APの完工♪#6

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

高台にある築45/重量鉄骨造2階建APの完工♪#6

をご紹介させていただきます

 

場所:【千葉県 我孫子市】

 

洋1A_LDK_DSC03291ac

 

今回は高台にある築45年の2階建重量鉄骨造のアパートのフルリフォームまでの様子をご紹介したいと思います。

 

 

洋1A_LDK_DSC03291ac

 

こちらはLDKにつながる洋室になります。

 

 

洋1BLDK_DSC03738a

 

こちらは間取りが左右逆のタイプになります。エアコンは年式と状態により、既存のまま使用するかの判断をおこないます。しかし、古い建物には屋内配線や、ドレンパイプの取り回し等に問題も多くあり、少しでも不安のある場合は新品に交換したほうが賢明です。今回は新品を設置し直しています。

 

 

洋1_DSC03290a

 

3枚引き戸の入り口と反対側はアクセントクロスによりインパクトのある印象を部屋に与えています。一面だけに貼られた強い印象の壁クロスは、狭くて雑多になりがちな部屋の印象にメリハリをつけるだけでなく、ミッドセンチュリーモダンミックスといったスタイリッシュな部屋づくりを入居希望者に想像させることができる最も有効な手段といえるでしょう。

 

 

洋1_DSC03294ac

 

既存の部屋が和室の真壁造りであった場合は、大壁に変更し、床は畳を撤去してCF(クッションフロア)で仕上げられました。そしてアクセントクロスのほか、オシャレ度の高い、もしくはデザイン性の高いペンダント照明を設置。TVケーブルコンセントも新しくし、TVケーブル配線と受信状態も確認済みです。目立たない部分ですが、窓のクレセント(施錠)雨戸網戸カーテンレールといった備品をチェックや交換することが、最低でも改善すべき基本的なポイントになります。

 

 

洋1A_DSC03293a

 

部屋の使い勝手が劇的に変わる3枚引き戸です。その入り口を閉じた状態はこのようになっています。

 

 

洋1ALDK_DSC03303a

 

3枚引き戸は1枚だけ開け閉めして、部屋の出入りに使うことができるだけでなく、その開閉具合により広くつながりのある空間としての使用も可能。間取り変更をおこなうと同時にリフォームプランに引き戸を導入する案を加えることが、完成後に他の物件と比べて大きなアドバンテージになることでしょう。

 

 

 

次回に続きます

 

 

 

 

今回の現場監督は『野田さん』です。

野田さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ