お仕事紹介

現場監督

お仕事の流れ(現場監督)

Scene1

打ち合せ

営業・プランニング

営業担当と工事の打ち合わせ

営業担当が契約をした現場の打ち合わせ。

お客様と営業担当が打合せをした内容に漏れがないか、認識の違いはないか、まずは、見積内容と図面を照らし合わせて確認していきます。

Scene2

工事段取り

工程表を作成

営業担当から依頼された見積書を元に予算を確認しながら必要部材や職人さんを決めていきます。

職人さん選びも工事を効率よく仕上げるために重要です。

工期内に施工が終わるよう無駄のない段取りを意識して予定を組みます。

Scene3

職人と材料発注

工事に必要な職種や部材を発注していきます

職人さんに発注書を発行し正式工事依頼を致します。
発注する部材の寸法や納品のタイミングにも気を配ります。
納品のタイミングが早すぎると現場が狭くなり工事に支障が出る可能性があります。
部材の発注間違いは工事自体の時間とお金のロスに繋がります!!

Scene4

近隣挨拶

ご挨拶

長期、短期の現場に関わらずご近所さんへの挨拶を徹底。

職人さんが数人入る現場では、車の置き場所も重要です。 

近所の方にもご相談。リフォーム工事の依頼も同時にお願いしてみたりもします。

Scene5

工事

安全第一!!丁寧に仕上げていきます

現場監督と職人さんで現場にて打ち合わせをします。工事の納まりや、お客様の完成イメージを現場で再度確認します。

工事途中で営業担当に工事の進捗状況なども報告します。

職人さんとの綿密な打合せが工事の肝!!

Scene6

管理

リフォーム完了

現場管理

工事が工程表通りに進んでいるか?問題はないかなど細かい部分まで確認。工事中に施工必要箇所が見つかれば、お客様にご報告とご提案!!

職人のマナー(吸殻、空き缶、瓶、ごみの集積、清掃、整理整頓などの徹底)

Scene7

引き渡し

リフォーム完了

営業担当と現場にて納まりなどの最終確認を致します。

一日の流れ

ページ上部へ戻る