2018.08.01

高台にある築45/重量鉄骨造2階建APを現地調査♪#5

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

 

高台にある築45/重量鉄骨造2階建APを現地調査♪#5

をご紹介させていただきます

 

場所:【千葉県 我孫子市】

 

洋IMG_5091

 

今回は高台にある築45年の2階建重量鉄骨造のアパートのフルリフォームまでの様子をご紹介したいと思います。

 

 

和室_IMG_5304

 

4.5畳の和室になります。木枠が飛び出た真壁の塗り壁の部分が四隅から剥がれ落ちてきています。

 

 

和室_IMG_5304c

 

コンセントプレートから、エアコン用にでしょうか?不自然な配線が引き出されていて大変危険です。

 

 

和室IMG_5289和室IMG_5090

 

和室の押入中棚、天袋は撤去されるプランです。4部屋の4.5畳の和室は和室としてそのまま残されました。和室6畳は洋室4.5畳化の予定です。真壁は大壁に変更されて、収納はオープン収納に作り変えられることになります。押入れの床は大抵の場合、軟弱なベニア材なのでオープン収納にする際は、床板をしっかりしたものに造り替える施工が必要になります。

 

 

和室_IMG_5299和室IMG_5086

 

各所のドアや襖も一旦撤去されました。

 

 

洋IMG_5091

 

洋室はボード毎の継ぎ目に段差が見られます。そのまま、アクセントクロスを貼ったとしても、この継ぎ目は消えません。また、掃き出し窓の高さにある周り縁も洋室としては邪魔な存在です。そのため、全部屋の内装壁は一旦解体されて、大壁に変更。2LDKの間取りはすっきりと整えられることになります。パターンとしては大まかに2DK→2LDK、3DK2LDKというプランになります。

 

 

 

 

次回に続きます

 

 

 

 

今回の現場監督は『野田さん』です。

野田さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ