2018.07.09

旧跡と自然☆利便性も高い戸建のリフォーム♪#1

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は

旧跡と自然☆利便性も高い戸建のリフォーム♪#1

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 館山市】

 

外玄関庭館山戸建_180704_0002

 

今回は旧跡と自然にはぐくまれた利便性も高い地域、館山の戸建をプチリフォームをしていく様子をお伝えしたいと思います。

 

 

玄関館山戸建_180704_0001

 

玄関にはサビの出た郵便ポスト。

 

 

外玄関庭館山戸建_180704_0002c

 

側面はロートブラウンの斑紋が生じていて、さながら何かの迷彩柄のようになってしまっていました。内部の汚れやサビはもちろんのこと、スモークのプラスチックカバーの部分にも曇り他ダメージなども生じます為、消耗品と考えます。

 

 

外玄関庭館山戸建_180704_0002

 

外の玄関周りはブロックと板で作られた踏み縁台が置かれています。猫よけ(昨今ではほぼ無効とされているようです)も兼ねた重しでしょうか?

 

 

玄関館山戸建_180704_0007 

 

玄関の土間はタイル張りでした。

 

 

トイレ館山戸建_180704_0016a

 

玄関の突き当たりはトイレになります。こちらは現状でも特に問題はありませんが、やはりウォシュレットが欲しいです。

 

 

洗濯機館山戸建_180704_0018

 

洗濯機水栓は、普通の蛇口がついていました。現状を一目見てお分かりの通り、ここは漏水の跡があります。高い位置にある為、普通の蛇口ではホースが誤って脱落してしまった際に、壁・床共に漏水による影響がすべからく起こってしまいます。

 

 

洗面館山戸建_180704_0017

 

ハンドルが一つしかないこの洗面化粧台は水道のみで温水は出ません。給湯の配管をして、洗面化粧台を新しく設置し直すことになります。

 

 

浴室館山戸建_180704_0019

 

浴室の床ですが、ラインや起伏の多いパターンなので、クリーニングでは済まなそうです。浴槽・シャワーの水栓も冷・温別の2ハンドルの仕様で使い勝手の非常によくない状態です。

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

今回の現場監督は『小林さん』です。

小林さん 顔写真

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ