2017.10.27

一戸建ほぼ廃墟からの再生プログラム#011

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

一戸建ほぼ廃墟からの再生プログラム#011

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 山武郡】

 

戸建のほぼ廃墟からのリフォームの完成までの道のりの「その11」をご案内いたします。

和室IMG_0474a

 

多くのリフォームにおいては部屋はすべて洋室化といった流れもありますが、この戸建の持つ特徴を生かして、1階の和室は残したままになります。

 

和室IMG_0448a

 

まずは古い畳をすべて撤去して、床鳴りや軋みのある部分を根太から補修を入れます。床鳴りを解消することもリフォームにおいては大きなポイントになります。

 

 

和室床IMG_0799a

 

こちらも畳を撤去して床の状態を整えています。ここの襖はすでに『凛』に張り変え済みです。襖の柄、グレードを誤るとせっかくのリフォームも生きてきません。

 

 

和室写真 2017-08-23 14 16 28a

 

和室の京壁は経年によりもろくなり端や、新設したコンセントプレートにかかる切り欠き部分から割れてしまうことも少なくありません。割れや欠けがある場合には、まず下地の補修をおこなって面ごとに塗り替えるしかありません。

 

 

京壁補修IMG_0454a

 

少量の面積なら、こちらの京壁なおしを使って塗ることもできます。(1500gパック/2度塗りで約3〜4㎡で5、6パック使用しました/10000g入りもあります)

 

 

【欄間】IMG_0423a

 

欄間京壁部分も塗り替えが必要でした。

 

 

和室襖IMG_0469a

 

ビニールで養生して欄間(右側)の高い部分から塗り始めました。

 

 

和室IMG_0474a

 

他の面も同じ京壁の色で塗り替えます。格子のガラス戸などの表装具はそのまま使用します。

 

 

和室角IMG_0472a

 

和室の真壁はブロックごとに塗っていくので、襖や柱をそれぞれに養生(マスキング)することになります。

 

 

和室角IMG_0471a

 

格子と外からの光の織りなす美しい構図はそのまま残される形でリフォームが進んでいきます。

 

 

 

次回につづきます。

 

 

 

今回の現場監督は『堀さん』です。

掘さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

オフィシャルブログ