1. Home
  2. 知識
  3. リカちゃんハウスから住宅ニーズを読み解く!

リカちゃんハウスから住宅ニーズを読み解く!

「住宅は女子が決める!」時代の女子の憧れる生活とは?


自社で35億円の物件運用中!!ノウハウあります^ ^ 
リフォーム・新築請負相談承り中↓↓↓
https://reform-pikaichi.com/reform/

いつもブログをお読みいただいてありがとうございます。企画宣伝の森戸です。

今日のテーマは、女の子が大概持っているタカラトミーの永遠のヒット作、リカちゃん人形から読み解く時代のニーズ です。リカちゃん人形といえばタカラトミーから発売された着せ替え人形の代名詞ともいえるおもちゃです。1967年に発売され、今年で55年目を迎えます。いつの時代も、女の子の憧れの存在である、リカちゃん人形。このリカちゃんのキャラクター設定が実は、凄いのです。

リカちゃん人形には、小さい子どもが“ごっこ遊び”ができるよう、家族がいるということになっています。リカちゃんのママ「香山織江」はファッションデザイナーという設定で1969年に発売されました。双子の妹、三つ子の妹と弟もいます。パパであるフランス人「香山ピエール」はパイロットという設定としては存在しながらも、パパは常に不在で人形も作られていませんでした。1968年10月に始まったリカちゃんの声が聞けるテレフォンサービスでは、(今でもあります。03-3604-2000)パパはパイロットという設定でした。そんなリカちゃんパパが登場したのが平成元年にあたる1989年。 高度成長期にモーレツに働く日本の父親像や、週休2日制の導入をきっかけに「マイホームパパ」として生まれました。

パパの「香山ピエール」はフランス人で、36歳の音楽家。“憧れの家族像”を崩さない、オシャレな設定で登場しました。そんなパパは、女性の社会進出や男性の積極的な育児への関わりが注目され始めてしばらくたった2014年に、“イクメン オブ ザ イヤー”を受賞という設定もまた凄い・・・・・。子育て先進国のフランスで生まれ育った彼は、家族との時間を大切にし、子供をお風呂に入れたり、家事にも積極的に取り組むイクメン。受賞後は、1年間の育休を取り、Twitterを通して育児の楽しさや悩みを発信し、イクメンの認知にも貢献したそうです。(実際にアカウントがあるのです。苦笑)

バブル期には億ションも登場!?時代を反映しているリカちゃんハウス

こちらは、1967年のリカちゃん登場と同時期から販売されているのが「リカちゃんハウス」です。ドアを開けるとシャワー室がある設定です。窓から見える景色の設定は、スイスのマッターホルン。昭和30~40年代、日本に空前のスキーブームがやってきた時代でした。当時若者の間で大人気だった加山雄三氏がスキーで活躍する映画「アルプスの若大将」が封切られたのが1966年で、この時代には、「エーデルワイス」とか「マッターホルン」とかアルプス風の名前が付いた喫茶店が多く存在していました。

その後、1971年には「リカちゃんマンション」という一般的に当時憧れの対象だったマンションタイプに階段付きの屋上テラスもある贅沢なハウスが登場しました。この時代のハウスには、ベッドやシャンデリア白いグランドピアノなど当時の様式の生活への憧れが反映されています。屋上には庭園。キッチンはグリル付きのシステムキッチン。キッチンの窓から見える景色は広々とした庭に大型犬を飼うといった憧れの生活が随所に散りばめられています。

平成の始まる1年前、1988年にはバブル期の象徴とも言える「ひろびろオクション」をタカラトミーは発売。この時代から、マンションの一戸分を平置きの形状で表現したハウスが登場し、2LDKから4LDKまでのマンションが展開されました。広いリビングやカウンターキッチンはこの頃から登場し、より家族を意識した“ごっこ遊び”ができるようになっています」とタカラトミーの広報は説明していました。この時代から、マンションの一戸分を平置きの形状で表現したハウスが登場し、2LDKから4LDKまでのマンションが展開されました。広いリビングやカウンターキッチンはこの頃から登場し、より家族を意識した“ごっこ遊び”ができるようになっています」と説明する。「ゆったりさん」というネーミングで1984年に発売されたこのシリーズは現在も様々な商品が開発される人気商品となっている。1985年、1994年発売のタイプの商品説明には「新築」との記載もあり、新築物件への憧れが表れていて興味深い。六本木ヒルズ開業の翌年にあたる2004年には「ハートヒルズマンション」を。2006年には、家具付きの豪華な「おへやいっぱいゆったりさん」と、時代に合わせたハウスが次々と登場。同年には「ワンにゃんペットサロン」も発売するなど、ペットブームを反映しているところが面白いのです。

そして2010年代に発売されたハウス「ゆったりさん」シリーズには、ドラム式乾燥機や、ロボット掃除機など時代に合った家電を搭載。さらに、部屋の中にあるボタンを押すと、「ごはんの用意お願いね」というママの声や、蛇口から流れる水やレンジの音など、様々な音声が流れるように進化しているのです。同年には、リカちゃんハウスはエレベーター付きの2階建ての「ドリームハウス エレベーターのあるあこがれのおうち」に。時代に合わせ、憧れを形にした様々な「リカちゃんハウス」が生まれてきたことがわかります。

今後のリカちゃんハウス、どうなる!?

2000年代以降のリカちゃんハウスは、ドラム式洗濯機など最新設備が追加されるといった変化はありますが、家そのもののコンセプトは大きく変わっていないといえます。そう考えると、この「スマートハウス」はリカちゃんハウスにとっても、実際の住宅事情にとっても大きな変化なのでしょう。

近年、トレンドなっている暮らし方をリカちゃんハウスに反映すると…と考えてみました。例えばリカちゃんがお友達と一緒に暮らす「シェアハウス」や(リカちゃんは11歳なので現実的ではないかもしれないですが…)、壁紙のデザインが多数用意された「DIY」などをコンセプトにしたリカちゃんハウスが登場したらおもしろいかもしれないですね。

こうして振り返ってみると細部に時代が反映されている過去のリカちゃんハウスにはやはり懐かしさを覚えます。現在では真新しいと感じる最新の「スマートハウス」も、それで遊ぶ世代が大人になる頃にはすっかり当たり前の物として定着し、現在では想像できないような設備が搭載されたリカちゃんハウスが発売されているかもしれません。暮らしの変化がどのように表現れていくのか、大変興味深いと思いませんか。因みに、1967年に発売されたリカちゃんハウスですが、メルカリ等で、1万円以上の値がついていました。昔のおもちゃをお持ちの方。ひょっとすると、価値が出ているおもちゃがあるかもしれませんよー。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



↓↓↓ぜひポチっとお願いします

br_c_1538_1

↑↑↑めざせ!ランキング上位!


✩お得なキャンペーンや不動産情報✩をご紹介させて頂きます。告知は、弊社ブログ・LINE@限定となっておりますので、ブログのチェック、LINE@登録、どうぞよろしくお願いします。


【ピカいちのLINE@】 

@ent7373a LINE@登録方法はこちら


八重洲ブックセンター、丸善丸の内本店で、週間ランキング1位になりました!

弊社代表 柳田の書籍 第1弾

【ピカいちのリフォーム投資】改訂版

大好評、販売中!『投資の教科書』としてお読みいただけます。

リフォームは投資という新しい考え方!☆リフォームやる前に読めば確実に元は取れると思います☆

ご購入はこちらから

👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る