1. Home
  2. 不動産知識
  3. どうしても気になってしまう家②

どうしても気になってしまう家②

魅力的な古民家と洋館のセット物件


自社で35億円の物件運用中!!ノウハウあります^ ^ 
リフォーム・新築請負相談承り中↓↓↓
https://reform-pikaichi.com/reform/

いつもブログをお読みいただいてありがとうございます。企画宣伝の森戸です。

今週のテーマは、気になる家というテーマで、私がそこを通るたび、気になってしまう家(趣味の領域ですが。)をご紹介しています。今日は2つ目の物件です。こちらは、いすみ市の物件です。

この物件は、いすみ市の太東崎灯台の近くにあります。 こちらの古民家は築年数が不明なのですが、かなり手入れがされており、保存状態は良い感じでした。元々の所有者は、日本人の有名なジュエリーデザイナーでした。彼女の会社は海外からの特別なゲストを迎えるためにこの古民家を利用していたそうです。この別荘が建つスペースには、洋館、古民家、そして広い庭があります。この土地への入り口は非常に隠れた立地にあり、静かで贅沢な別荘をお望みなら、この場所はとても理想的です。
まず、ご紹介するのは古民家からです。水場と屋根・空調関連は多分、全てリノベーションされていました。当初平家であった古民家の天井部分に1つ部屋が造られていました。(木製の梯子を登り、新しく新設された和室に行く事ができます。)中々魅力的な古民家です。

古民家より小さな階段15段上がって高い位置に洋館があります

こちらの洋館は、日本橋高島屋の高島屋スペースクリエイツの設計。こちらは、1995年建てられました。
ロンドンやヨーロッパから取り寄せた家具や調度品が所狭しと置いてあります。私が驚いたのは、あらゆる所に隠し扉や隠し部屋があるのです。まるで迷路のような家。例えば棚を引くと、その奥にはスペースがあり、トイレと洗面所があったりするのです。ただ、1つ難点は、バスルームが無いことです。こちらは、まだ、買い手を募集しています。金額は9800万。ちょっとお高いお値段です。海外の不動産投資家をメインに募集されていますが、もちろん日本の方でも購入できます。ご興味のある方は見るだけでも面白いかもしれません。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



↓↓↓ぜひポチっとお願いします

br_c_1538_1

↑↑↑めざせ!ランキング上位!


✩お得なキャンペーンや不動産情報✩をご紹介させて頂きます。告知は、弊社ブログ・LINE@限定となっておりますので、ブログのチェック、LINE@登録、どうぞよろしくお願いします。


【ピカいちのLINE@】 

@ent7373a LINE@登録方法はこちら


八重洲ブックセンター、丸善丸の内本店で、週間ランキング1位になりました!

弊社代表 柳田の書籍 第1弾

【ピカいちのリフォーム投資】改訂版

大好評、販売中!『投資の教科書』としてお読みいただけます。

リフォームは投資という新しい考え方!☆リフォームやる前に読めば確実に元は取れると思います☆

ご購入はこちらから

👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る