1. Home
  2. インテリアデザイン
  3. インテリアコーディネート
  4. 『結果につながる本気の空室対策』

『結果につながる本気の空室対策』

設備ランキングから入居者ニーズをひも解く

「自社で35億円の物件運用中!!

ノウハウあります^ ^ リフォーム・新築請負相談承り中↓↓↓

   https://reform-pikaichi.com/reform/

    

いつもピカいちのブログをご覧いただきありがとうございます。企画宣伝の森戸です。

空室率が上がってしまう理由は、「入居希望者から選ばれない」と「既存の入居者が出ていく」の2点。入居者ニーズは、その裏返し。入居者の“きもち”を知らなければニーズへの対応はできません。時代の変化を察知し、入居者の変わらぬ本音をつかんで、迷わず空室問題をクリアしましょう。

人気設備・条件ランキングを空室対策に活かす

入居者ニーズは、技術の進化や価値観の多様化につれて少しずつ変わっていきます。「立地が良ければ安泰」と慢心していたオーナーの肝を冷やしたのが、今回のコロナ。23区の18m2以上~30m2未満のシングル物件は、家賃下落に直面しています。

マンション賃料インデックス 公表資料

入居者の“ニーズ”は、今どこに向かっているのか、人気設備ランキングを見てみましょう。

アットホーム『ウィズコロナ時代に人気の条件・設備』ランキング

インターネットは人気設備からインフラに格上げ!空室解消の有効手段に

ネット通販やオンラインゲームの普及で「無料インターネット」と「宅配ボックス」は、何年も前から不動の人気設備でした。そこに割って入ったのが「高速インターネット」。周知のように、テレワークの急激な浸透で「おうちオフィス」というキーワードが登場。オンライン授業も広がり、「家なかスクール」も生まれました。「有料でもいいから通信速度と接続の安定性が大事」という声もあり、内見時に速度測定アプリで回線のスピードを測る光景も珍しくなくなりました。仕事・学習・日常生活が混在する“暮らしの箱”にとって、ネットは「人気設備」から「必須のインフラ」に格上げされ、通信品質が住宅の基本性能の一つになったといえます。防犯機能も必需品となっています。ただ、様々な機能をプラスして今の家賃を維持するだけでは、競合に勝ったとはいえません。そこで勝負どころとしては、アイディアで物件に個性を出す事が必要です。

プチリフォームもお勧め!

ワンルーム投資でリフォームする場合は、築20年以内くらいの物件であれば一度に高額な予算をかけてリフォームするよりも、10万円以下でできる「プチリフォーム」を検討することをおすすめします。築20年以内であれば、基本的な内装や間取りをリニューアルするほどの予算をかけなくても、適材適所にピンポイントで予算をかけることで、少額な出費でも空室対策に大きな効果があるからです。簡単にいうとプチリフォームは、費用対効果がいいのです。

そこでここからは、予算10万円以内で行ったプチリフォムの中で、空室対策として一定の効果があった事例についてご紹介したいと思います。

アクセントクロスの活用

賃貸物件の壁紙はホワイト系が一般的ですが、最近では部屋の壁面のうち片側一面だけをアクセントクロス(色や柄が付いているクロス)に張り替えることで、とても印象に残る部屋になり成約率がアップします。特にワンルームマンションは間取りが画一的でユーザーの印象に残りにくいのですが、アクセントクロスにすることで類似物件との差別化が図れるため、複数の物件を内見されても強く印象に残って成約に結びつきやすいとは思いませんか。(しかも、安価です。)

アクセントクロス活用例

LEDシーリングライトの設置

LEDシーリングライトも種類が豊富ですその部屋が映えるライトを見つけ交換しましょう

居室の照明器具が長方形カバーのタイプや、照明が紐でぶら下がっているタイプの場合、電球や蛍光灯だけ交換しても部屋全体が古く見えてしまいます。これらの照明器具が付いている場合は、最新式のリモコン付きLEDシーリングライトに交換すると部屋が明るくなり、見た目も築年数を感じにくくなります。

窓をステンドガラス風にして個性を出す

水で貼るだけで憧れのステンドグラス風の窓が簡単に施工できる窓用DIYガラスフィルムが海外では多く販売されています。接着剤やのりを使わず水で貼るから貼り直しができます。のり跡が残らないので賃貸住宅でも使えます。99%紫外線をカットで日当たりのきつい場所でも日焼けを防止したり、外からの気になる視線を目隠しとしても利用できる優れもの。柄合わせができるので大きな窓や簡単にカットもできるので丸い窓やひし形の窓などいろんな窓に対応できます。

水回りのプチリフォーム

スワロフスキープロダクツが販売しているシングルレバー

キッチン、洗面所、バスルームなどの水栓で、水とお湯それぞれのハンドルが付いているタイプを「ダブルハンドル」といい、築年数を感じるだけでなく水温調整が難しく女性を中心に敬遠される傾向があるため、最新式の「シングルレバー」の混合水栓にプチリフォームすることで全体の見栄えがかなりよくなります。水回りのリフォームは、リフォーム業者に提案されないと水漏れが起きるまで手をつけないオーナーも多いですが、早めに交換することでパッキンの劣化による水漏れリスクも軽減できるためおすすめです。

宅配ボックスも調べてみると後付け可能な製品も沢山出ているので、検索してみてください。

皆様も、なるべくお金をかけずに空室0を目指しましょう!

では、今回のブログはここまでにしたいと思います

最後までお読みいただきありがとうございました。

  

↓↓↓ぜひポチっとお願いします

br_c_1538_1

 ↑↑↑めざせ!ランキング上位!

✩お得なキャンペーンや不動産情報✩をご紹介させて頂きます。告知は、弊社ブログ・LINE@限定となっておりますので、ブログのチェック、LINE@登録、どうぞよろしくお願いします。


弊社代表 柳田の書籍 第1弾

【ピカいちのリフォーム投資】

大好評、販売中!『投資の教科書』としてお読みいただけます。

リフォームは投資という新しい考え方!

☆リフォームやる前に読めば確実に元は取れると思います☆

ご購入はこちらから

👇

【ピカいちのLINE@】 

@ent7373a LINE@登録方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る