2018.03.10

給水管引き込みと道路本復旧工事.ch3

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

給水管引き込みと道路本復旧工事.ch3

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 一宮町

 

DSC_0405ac

 

今回も給水管引き込みと道路本復旧工事についてご紹介したいと思います。

 

 

さて交換・新設する給水管の深さは80cmオフセット(道路の近い側からの水道管の設置位置)は1.85mでしたが、本給水管を20mmから25mmに変更した箇所の埋め戻しがおこなわれました。

 

通常の給水引き込みだけの工事と違って長さがあるため、一日では終了しませんので、埋戻して仮復旧までをおこないます。

 

 

3731ab

 

仮復旧の構造については次回ご紹介する地域の水道局『給水装置工事施工指計』に従って、おこなわれることになります。

 

深さ80cmの埋設箇所から、深さ65cmまで埋め戻し「タッピングランマー」転圧をかけています。アスファルトカッターで切り取られ、掘り下げられた溝幅は下のタッピングランマーの入るサイズであったことがわかります。

 

 

DSC_0399ac

 

50cm以上の盛土が必要な盛土工事の際は、安定した地盤形成のためにも、通常30cm程度ごとに転圧をかけるほか、上記指計により深さ40cmまでは『良質の砂(海砂・川砂)』を埋設に使用します。

 

 

DSC_0404ac

 

指計に従って、次は深さ40cm〜20cmまでは『クラッシャーラン』埋め戻し転圧を行います。

 

 

DSC_0405ac

 

仮復旧最後の仕上げは深さ20cm〜5cmまで、粒調砕石』を敷いて転圧をおこないます。

 

 

DSC_0409ac 

 

最後の5cmの部分は、仮のアスファルトを敷いて通行が可能になるようにして仮復旧が完了しました。

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

今回の現場監督は『渡邊さん』です

渡辺さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ