2018.02.08

1K・ロフト付きのテーゼ☆#15

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

1K・ロフト付きのテーゼ☆#15

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉市 中央区】

 

ロフトA_Top2F_DSC03358ac

 

今回は#5#6でご紹介したうちAタイプのロフトの部分を中心に完工の様子を紹介したいと思います。

 

 

 ロフトA_DSC03367a

 

さて、これまでのちょっとおさらいになりますが、向かって右側(奥)の壁に、足元の空間を生かした、スタイリッシュなキッチンが付き、左壁の中央に見える扉は増設された個室トイレの扉で、TV付きモニターフォン給湯機のスイッチがついた壁はオープンクローゼットのある場所になります。

 

 

ロフトA_onアクセントIMG_5134ab

 

ほぼ完成した状態ですが、梯子(ラダー)が通路の真ん中を塞いでしまっています。通れなくはないですが、このままでは少々不便を感じることでしょう。

 

 

ロフトA_offラダー201完工IMG_5472a

 

そして、このAタイプの部屋の梯子(ラダー)の位置は既存のままなのですが、左側のオープンクローゼット造作のために伸ばされた天井までつながる高い袖壁を利用して梯子(ラダー)がかけられるハンガーを取り付けました。これでロフトを使用しない場合の梯子の置き場所も確保されました。既存の間取りでは、この梯子を掛けるための高い壁がなかった場所にオープンクローゼットを作りつつ、梯子(ラダー)置き場を作るというプラン二ングの妙が光っています。

 

 

ロフトA_downアクセントIMG_5072a

 

左がオープンクローゼットで梯子の長さをしのぐ、高い袖壁が形成されているのがお分かりでしょうか。

 

 

ロフトA_upアクセントIMG_4995a ロフトA_in_内IMG_5141a

 

天井からはオープンクローゼットまでの構造強化の役割を果たす下り壁も形成されました。

では、ロフトの内部ものぞいて見ましょう。

 

 

ロフトA_in_DSC03360ac

 

この室内のテーマカラーのアクセントクロスがロフトの天井部分にも貼られ、統一した印象により、空間を広く見せる効果も得られています。壁紙やアクセントクロスは多彩な商品があり、選ぶ自由もありますがその分、など入居希望される方にインパクトを与えながらも、長期に渡ってに住んでもらうためには飽きない落ち着くといった視野でのチョイスもたいへん重要になってきます。

 

 

ロフトA_in_IMG_5142a ロフトA_in2内IMG_5475a

 

部屋により床は若干仕様が異なります。スイッチと電源コンセントも問題があれば交換すべき箇所で、ガタつきや汚れの目立つ箇所にもなり、建物全体を共通の電源・スイッチプレートに交換することが望まれます。

 

 

 

 

次回は引き続き、Bタイプのロフトをご紹介いたします。

 

 

 

 

今回の現場監督は『堀さん』です。

掘さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ