2017.11.12

床を変えれば気分も変わる♪before

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。


もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが
お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、
皆さんの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 

床を変えれば気分も変わる♪before

を、ご紹介させていただきます。

 

現場住所【千葉県 長生郡】

 

一宮町新地 施工前_171106_0002ac

 

今回は床のリフォーム/CFの張替えの効果についてご紹介させていただきます。

 

 

一宮町新地 施工前_171106_0004ac

 

床鳴り反りなど大なり小なり問題のあるポイントもまずは一つひとつチェック中。

 

 

一宮町新地 施工前_171106_0003a

 

床下からでしょうか?それとも表面のフローリング材の問題でしょうか?

 

 

一宮町新地 施工前_171106_0001b0

 

こちらは一部の痛みだけでなく広範囲に、不具合が見られますが…。

 

 

一宮町新地 施工前_171106_0001a

 

左右方向に部屋を横切るほどの範囲で、山形に折れるような反りが出ています;

 

 

写真では判別しにくいのですが、どうやら床下の構造の問題ではなくフローリング材(複合フローリング)そのものに経年劣化が起こり、反りなどであちこちに問題が生じているようです。

 

<複合フローリングとは>
一層以上の基材の表面に、0.3~2mm程度の厚さの化粧加工用の木材を張ったもので加工材の普及に伴って施工が増加しており、一般的な住宅の主流。対するは無垢フローリング(一枚物)

 

 

 

フローリングの一部の反りや、床鳴りなどの不具合が極々局所的なものであれば、その箇所だけポイント補修ということもありますが、古築の投資物件の場合、今回のように複合フローリング材の『経年劣化』という全体的な痛みや、補修すべき規模によっては既存のフローリングを諦めるケースも生じます。

 

 

 

次回に続きます。

 

 

今回の現場監督は『伊敷さん』です。

伊敷さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ