2017.06.15

家屋解体! ! 施工編

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。


もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが
お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、
皆さんの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は前回の 家屋解体! !伐採・抜根 施工例 に続いて

家屋解体! ! 施工編 

を、ご紹介させていただきます。

 

前回は伐採と抜根の様子をご紹介しましたが、投資物件の新築や出口戦略で更地にするなどで、家屋を解体する工事が必要になる場合、どのような作業により進められていくのでしょうか? 今回はその施工例を紹介させていただきたいと思います。

 

現場住所【千葉県 長生郡】

S__7602210

 

伐採と抜根が終了し、あと残されたのは建物だけです。

もはやリフォームで家屋として再生させるには厳しい状態です。

 

写真 2017-02-14 10 45 17

 

いよいよ解体ですが始める前に、隣接する土地に廃材が散らないよう防御ネットが張られました。

近接した家屋がある地域では、このネット張りの足場を組みこと自体もなかなか大変だったりもします。

 

 S__7602214

 

残置物を整理し、重機を待つばかり…。

 

S__7602212

 

古畳も再生できない廃材として処分費用がかかってしまいます。

 

S__7602220 

 

瓦はまず手作業で撤去してからでないと、他の廃材からの分別が不可能になります。

分別ができていなければ、やはり処分費用がかさみます;

 

瓦は統一したものであれば、クラッシャーにかけ、瓦チップとして駐車場の素地に撒いたりとリサイクルされる場合もあります。これはなかなかオススメ!です。

 

 写真 2017-02-14 10 44 53

 

ユンボのアタッチメントをクローに変えて解体がはじまりました。

 

写真 2017-02-14 11 23 01 写真 2017-02-14 11 27 45 写真 2017-02-14 10 45 30 写真 2017-02-14 11 16 47 (1) 写真 2017-02-14 11 17 59 (1) 写真 2017-02-14 11 53 58

 

作業はみるみるうちに進んでいきますが、大事な点がひとつあります。

 

写真 2017-02-14 10 46 22

 

分別できる廃材はあらかじめまくらを敷いた場所に重機で持ち上げやすいよう、地面から浮かせて積み上げてあるのがわかるでしょうか?

これらの工夫のよって、搬出という次の作業が円滑に進むのです。

 

 

一見、大まかな作業に見えますが、家屋の解体は廃材をどのように集め、処分していくのかが、その費用に大きく反映されるために、その手順においては、分別を予測しながら作業することがもっとも大切なプロセスになります。

 

 

今回の現場監督は『渡邊さん』です。

渡辺さん

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

オフィシャルブログ