2018.07.30

高台にある築45/重量鉄骨造2階建APを現地調査♪#3

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

高台にある築45/重量鉄骨造2階建APを現地調査♪#3

をご紹介させていただきます

 

場所:【千葉県 我孫子市】

 

玄関1_IMG_5084

 

今回は高台にある築45年の2階建重量鉄骨造のアパートのフルリフォームまでの様子をご紹介したいと思います。

 

 

玄関0ドアIMG_5311

 

外の共用通路はセメント素地です。玄関外側はドアの建付ほか、ネームプレートドアノブ、玄関内側は郵便ポストドアクローザー(脱落)、チェーンロックなどが最初のチェック項目になります。

 

 

玄関2_IMG_5297

 

玄関入口突当りの仕切り壁を廃し広いLDKへと変更を予定しています。左は4.5畳の和室になっています。

 

 

玄関1_IMG_5084

 

この部屋はすでに仕切り壁がない状態で、見通しが良くなっていますが、室内に草が生えているのが見えます。土間はモルタル地のようです。 壁はDIYで塗られた跡があり、スイッチプレートは壁から浮いています。周縁(天井と壁の境)にエアコンの配線らしきものが回ってきていますが、配線取り直しの必要が考えられます。

 

 

分電盤IMG_5310

 

20Aの分電盤(ブレーカー)がついていました。エアコン、電子レンジ、電気ポット、炊飯器などを複数使用していくと、ブレーカーが落ちてしまうと思われます。部屋の家族構成にもよりますが、実用的を考えて30A~50Aに変更しておくことが望ましくなります。(今回のプランでは30Aの予定)

 

主に使用されている契約アンペアは30A~50Aです。アンペア数が大きくなればなるほど、基本料金も高くなります。仮に今現在50Aで契約している場合は東京電力の場合で月1.404円、それに使用した電気料金が加算されて請求がきている状態ですが、これを30Aに変更した場合は月842円に基本料金が下がる為、月562円、年間にして6.744円節約出来ます。一人暮らしの場合は、同時に電化製品を使用する機会が少ないことから、30Aでも十分に不自由なく生活できる事が考えられます。単純に考えて契約アンペアが30Aの場合、電子レンジに値する家電を3台同時に使うことが限度となり、これを超えた時にブレーカーが落ちるという状態になります。

 

 

 

 

次回に続きます

 

 

 

 

今回の現場監督は『野田さん』です。

野田さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ