2018.06.10

☆軽量鉄骨アパート2DKを原状回復します♪#2

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

☆軽量鉄骨アパート2DKを原状回復します♪#2

をご紹介させていただきます

 

場所:【千葉県 市川市】

 

敷居DK(5)

 

今回は築27年の軽量鉄骨アパートの2DK空室時に原状回復をおこなって、状態をKeepする施工の様子をご覧いただきたいと思います。

 

 

DK (12)

 

DKから各部屋を望みます。インターフォンが設置されていますが、受話器自体、人が触れるものなので、交換も検討しておきます。予算が許される場合は、TVモニターフォンが防犯にも役立ち、入居者にとっては有用なアイテムになります。

 

 

敷居DK(5)

 

床はCF(クッションフロア)で、全体的には大きな痛みはなさそうなのですが…。

 

 

敷居DK (6)

 

DK洋室との敷居の際が、かなり浮き上がってしまっています。

 

 

敷居和室(7)

 

DK和室敷居CF(クッションフロア)に大きなめくれが出ています。CFの表面はまだ比較的きれいな状態なので、貼り替えをおこなわないですませるならば、どのように対処すべきでしょうか?

 

 

洋室収納 (10)

 

収納の床にも痛みが見られ、素地板の貼り替えが必要です。

 

 

カーテンレール洋室 (8)2

 

カーテンレールと網戸のチェック、窓はロックのクレセントを動かして問題がないかも確かめます。

 

 

和室 (9)

 

汚れや痛みなど特にありませんが、日に焼けた畳は表替えをします。比較的きれいに使われていた部屋のようで、床下の施工がなくてひと安心です。

 

 

洗面 (6)

 

洗面脱衣場・洗濯機置き場の床の幸い、漏水のあともなく問題がなさそうでした。

 

 

浴室バス (2)

 

浴室設備も問題がなさそうなので、既存のまま、クリーニングをおこないます。

 

 

 

 

次回に続きます

 

 

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ