1. Home
  2. 不動産知識
  3. 運気が上がる土地、下がる土地②

運気が上がる土地、下がる土地②

運を上げる対処法とは!


自社で35億円の物件運用中!!ノウハウあります^ ^ 
リフォーム・新築請負相談承り中↓↓↓
https://reform-pikaichi.com/reform/

いつもブログをお読み頂き、ありがとうございます。企画宣伝の森戸です。

昨日は運気が上がる土地と下がる土地の話をしました。今日は、もしも、運気の下がる土地を購入してしまった場合、どうすれば良いかの対処法の話をします。

高台で凶相の土地に住む際の対処

土地の後方が低い、階段があるなど風水的に凶相の土地にあたるところでは、低いところが見えないようにするのが基本です。例えば、生け垣で囲う、玄関の先に観葉植物を植えるなどの方法がよいとされます。玄関扉を開けてすぐ目の前に階段がある場合、下駄箱の上に水晶を置という方法も。前に私も、水晶を買いに行った事があるのですが、20cmぐらいの水晶でしたが、結構値がはるのです。私の場合、10万もしました。。。。ですので、やはり観葉植物を置くという方法が良いのではないでしょうか。

歪な土地を買ってしまった場合の対処法

不動産会社では、よく「旗竿地」「三角地」という形の土地が売られていることがあります。文字通り、「竿(さお)のついた旗」の形をした土地や「三角形」の形をした土地のこと。最近よく売り出されている「旗竿地」の場合は、竿の部分は私道(駐車スペースなど)として使い、旗の部分に家を建てる形式が一般的です。なぜこのような形の土地が生まれたのかというと、建築基準法に深く関係しています。建築基準法では、道路に2m以上接していない土地には、家を建てることができないと決められています。昔は、道路に接していない土地でも家が建っていましたが、防災上の理由から現在では、竿のような細長い道を設ける必要があるため、旗竿地が生まれたのです。

「旗竿地」や「三角地」の場合の対処法

風水では、旗竿地を「包丁」の形として捉え、よくない土地だと言われます。そもそも、風水的に吉相となる土地は四角で、旗竿地のような変形地は凶相となるのが原則です。旗竿地は間口が狭いことから、よい気を取り込みにくいというのも凶相の理由。また、周囲を隣家に囲まれて、私道の突き当りに家があることから「人生に行き詰まりを感じる」「逃げ場がない」などネガティブに捉えられます。竿の部分が広くて、L字の形をした土地の場合でも、風水では凶相です。L字形の土地は、四角い土地に欠けがあると捉えられます。風水で欠けは、どの方位でも凶相ですし、さらに建物もL字としたら家相も凶相となり、悪い影響が出てくるといわれています。

こういった土地の場合、通常はこの細い部分の土地を駐車スペースとして考えるのが一般的です。駐車スペースと利用しながらこの両側に花や木を植えることで土地の改善につながるのだそうです。花や植物にはもともと、幸運を引き寄せるパワーがあるといわれています。また花の配置の仕方にも風水的な考え方があるのだそうです。幸運を引き寄せる法則を知ると、より強く花の恩恵を受けるそうですので、ここで紹介します。

ピンク…恋愛運アップに効果が期待できる。北との相性が良い。
赤…仕事運や情報運。東との相性が良い。
オレンジ…結婚運。南東との相性が良い。
黄緑…美や知性。南との相性が良い。
グリーン…家庭運、安定。南西との相性が良い。
クリーム色…健康運、仕事運。北西との相性が良い。
黄色…金運、仕事運。西との相性が良い。

風水では、変形した土地は凶相、とくに三角の土地も大凶相といわれています。風水においては、敷地や建物は長方形が理想的だとされていますが、三角地の場合、そこに四角い家をつくるとなると小さな家しか建てられず、無駄なスペースができます。敷地いっぱいに家を建てるとなると、三角や凹凸の多い、変形した建物になってしまいます。三角の土地に三角の建物は大凶とされるので避けたいものです。

三角の土地に家を建てるのであれば、長方形の家にして、三角形の角の部分は生活空間として使用せず、花壇にしたり木を植えたりするといいそうです。

三角地が風水で凶相とされる理由

変形した土地には、そこに宿る力も変形しているといわれます。とくに土地の形が三角であると、尖っているところには殺気があるといわれ、「角が立つ」「吐出する」と捉えられるため、三角地は大凶相だといわれている理由です。ただし商売をする場合には、「吐出する」という点から、5年くらいは売り上げが上がるといわれています。しかし、その後は次第に下降し、7年目くらいから急降下するといわれ、引っ越しのタイミングが必要です。実は、私も経験者で、西麻布にある三角の土地にあった事務所がそれまで絶好調だったのですが、やはり5年過ぎたあたりから、恩恵がなくなったことがあります。で、即引っ越しました。次は代官山の高台に良い物件を見つける事ができました。

売り買いされている土地は、様々な形をしている土地も多くあります。そんな土地に家を建てようと、購入された方も多いと思います。その場合は、四角形の建物を真ん中に建て、周りを緑や花で囲めば、全く心配する事は無いといわれているので、そのような土地をお持ちの方であれば、活用してみてください。案外、効果が出ると思います。

本日もお読み頂きありがとうございました。



↓↓↓ぜひポチっとお願いします

br_c_1538_1

↑↑↑めざせ!ランキング上位!


✩お得なキャンペーンや不動産情報✩をご紹介させて頂きます。告知は、弊社ブログ・LINE@限定となっておりますので、ブログのチェック、LINE@登録、どうぞよろしくお願いします。


【ピカいちのLINE@】 

@ent7373a LINE@登録方法はこちら


八重洲ブックセンター、丸善丸の内本店で、週間ランキング1位になりました!

弊社代表 柳田の書籍 第1弾

【ピカいちのリフォーム投資】改訂版

大好評、販売中!『投資の教科書』としてお読みいただけます。

リフォームは投資という新しい考え方!☆リフォームやる前に読めば確実に元は取れると思います☆

ご購入はこちらから

👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る