2018.03.11

給水管引き込みと道路本復旧工事.ch4

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

給水管引き込みと道路本復旧工事.ch4

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 一宮町

 

アスファルト_170831_0007a

 

今回も給水管引き込みと道路本復旧工事についてご紹介したいと思います。

 

 

アスファルト_170831_0006a

 

給水工事が終えた後の道路の本復旧についても、水道局からの規定が示されています。

 

 

アスファルト_170831_0007a

 

既存の道路とのすりつけが、0.5と1.0の比率の辺で結ばれる三角形の斜線で既存の舗装に接するように、また舗装の幅員等により、舗装路の復旧形態が規定されています。

 

 

3753ab

 

濃い斜線の部分が切削幅で、今回は右端の (C)のパターンでの舗装路の全面復旧になります。

 

 

アスファルト_170831_0009a

 

またアスファルト舗装の復旧前には、上の規定の準じて路盤各層の仕上げのプライムコート(乳剤)散布もおこなわれます。 プライムコート降雨による路盤の洗掘、表面水の浸透を防止の役割があります。タックコートアスファルトと路盤とを密着させるために散布されます。

 

 

プローブ_170819_0008aa

 

もう一つ、アスファルト舗装路の本復旧において、なくてはならないものがあります。

 

 

プローブ_170819_0004a

 

デジタルアスファルト温度計です。

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

今回の現場監督は『海老名さん』です。

海老名さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ