2018.02.11

軒天と、雨樋を原状回復します!! 前編

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 

軒天と、雨樋を原状回復します!! 前編

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 木更津市】

 

台風被害1503a

 

風で吹き飛ばされた軒天と、雨樋原状回復のBefore-Afterの前編をご紹介させていただきます。

 

 

台風被害1503a

 

まずは現地調査の資料から抜粋。台風の被害により、屋根のと玄関庇の軒天が損傷してしまいました。右が玄関の軒天ですが白に塗られたベニヤ板がささくれのようになって脱落しています。庇の上側はトタン板を加工した一枚板で、軒天はベニヤ板を塗装したもので構成されています。

 

左側は建物の裏側ですが、屋根の雨樋が折れて脱落浄化槽と裏の敷地に転がっています。しかし気になるのはその浄化槽の蓋あたりの山積みの瓦礫です。

 

 

台風被害1504acc

 

落ちた雨樋の下には、色々な物が被せてあるようです。それをすべて取り除いてみることに…。

 

 

1508a

 

予想された通り、(といっても蓋が割れている程度と考えていましたが;)瓦礫をどかしてみると浄化槽の蓋自体がありませんでした;

 

 

1509ac 

 

対応策を決める前に、同じ並びの隣の建物から同じ蓋を載せての状態を確認してみました。新しい蓋だけ用意すればそれでも良いような気もしますが、錆付いたベース周りをそのままにしておくのはどうでしょうか??

 

台風被害で現地調査をした時点で見つかった浄化槽周りの不具合はオーナー様とも確認を取り、同時に対処もおこなうことになりました。

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

今回の現場監督は『伊敷さん』です。

伊敷さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

オフィシャルブログ