2018.01.19

■1K空室ごとに現状復帰♪リフォーム前編#2

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き 

■1K空室ごとに現状復帰♪リフォーム前編#2

をご紹介させていただきます。

 

場所:【東京都 練馬区】

 

3d居室棚写真 2017-09-06 14 14 30a

 

今回もつづいて現状確認をおこなっている様子になります。

 

 

3d居室棚写真 2017-09-06 14 14 30a

 

アクセントクロスは部屋毎によってマテリアル感の高い柄を複数種選択して戸別の個性を際立たせています。アクセントクロスは現状で問題ありませんでした。備品は揃ってきていますが、今回は収納の横板を外してハンガーポールを設置。押入れ然とした、折戸の収納内部をクローゼット化いたします。時代のニーズに沿って、『修繕』という現状復帰だけでなく、仕様を変更していくこともリフォームにおいて大切なことといえるでしょう。

 

 

石張りの壁がそのままアクセントクロスになったようなモダンな印象の部屋。このような細く積層された石壁の意匠はフランク・ロイド・ライト建築の「落水荘(フォーリング・ウォーター)」からインスパイアされたとも思われます。エドガー カフマンの別荘として建築された落水荘ですが、その建物のテラスの壁やカフマンの子息の書斎の外壁などがまさにこのような造りなのです。

 

 

5バス写真 2017-09-06 14 15 05a 5バス写真 2017-09-06 14 15 07 5バス写真 2017-09-06 14 15 16a 

 

さて、浴室の現状を見てみましょう。照明、タオルハンガー、壁4面、天井、窓等をチェック!!

照明、タオルハンガー、窓等はOK。壁4面と天井は何かしらの施工でリフレッシュが必要です。

 

 

5バス写真 2017-09-06 14 15 12 5バス写真 2017-09-06 14 15 13

 

ユニットバスの浴室は浴槽周りのクリーニングのほかは主に鏡を含む壁面の改修になりそうです。

 

 

トイレ写真 2017-09-06 14 14 57

 

トイレも既存のままですが、タンク下の壁面の下側に浮きが出て来ています。場合に応じて壁側の施工のためにタンクを一時的に外すなど、一手間かけての作業も考えられます。

 

 

 

 

さて、ここまでの現状をどのようにリフォームがなされていくでしょうか?

次回は施工中の様子をちょっとお見せしたいと思います。

 

 

 

 

今回の現場監督は『小林さん』です。

小林さん 顔写真

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ