2017.07.22

遮断機で水道管新設!!

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 

遮断機で水道管新設!!

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 長生郡】

 

工具_170721_0005a

 

今回は油圧式塩ビ管遮断機を使った給水管引き込み工事をご案内いたします。

 

 

工具_170721_0008a

 

一般では見慣れない工具です。ハンドルのついたポンプ部分と塩ビパイプを押しつぶすバイス部分とがフレキシブルなチューブでつながっています。スチールケースが付属していました。

 

 

DSC_0377a

 

水道は何軒かに分岐されているものですが、主管を止めないで途中に分岐を作る場合や、何らかの施工の途中で塩ビ管に亀裂が生じた時などの緊急用にも使われる工具です。

 

 

DSC_0376ac

バイス(万力)のジョー(アゴ部分)にポンプで油圧をかけてから、塩ビ管を切断します。ごらんのとおり完全に止水されています。

 

 

DSC_0383a

 

止水時につぶした位置より90°回した位置でバイス中央にパイプを当て、ポンプを操作すると適度な状態に復元(丸印の部分)します。その場所を補修用バンド(丸印の右下)で保護して完了です。

 

 

DSC_0388a

 

左は遮断した部分を復旧して、防護カバーをかけたところです。

右はT字管を挟み込んで給水引き込みが終えた状態です。

 

 

DSC_0384a

 

ライン変更の際も(丸印の部分で)止水し、L字ジョイントの追加をしています。

 

 

水道も電気と同じように、各戸個別のものではなく主管から分岐されて使用されているものです。新しく分岐を作る際に他の世帯を含む止水栓を止めることが出来ない場合、リフォーム時に止水栓が見つからないなどの緊急時にも対応できる方法です。

 

 

 

 

今回の現場監督は『渡邊さん』です。

渡辺さん

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

オフィシャルブログ