2017.06.03

新築 基礎の立ち上げ

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さんの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。 

 

こんばんは。 本日は、前回の 新築 基礎の基礎 につづきまして

基礎の立ち上げ

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 長生郡】新築:木造2階建 戸建 

 

スラブの打設が終わったら、立ち上がりの型枠施工に移ります。

 

新築 長谷川様邸_170420_0048c

 

立ち上げに使われるのは金属製の型枠です。

マンションなどでは取り回しの楽な木枠が使われることもありますが、

曲がりの心配がなく精度のある仕上がりの金属枠が使われました。

 

 

新築 長谷川様邸_170420_0056ac

 

コンクリートを流し込む準備が整い、ボルトも埋め込まれました。

 

 

新築 長谷川様邸_170420_0069c

 

上部を固定しているのはセパレート(通称セパ)と呼ばれる固定用金具です。コンクリート打設時にはかなりの圧力が型枠にかかりますので、重要なパーツです。

 

 

新築 長谷川様邸_170420_0039c2

 

基礎屋『長兵衛工務店』古川社長さん ポーズもバッチリ決まってます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます!!

 

 

H邸

 

手前のコーナーにあるボルトが建物の要となるホールダウンアンカーです。

 

 

新築 長谷川様邸_170420_0059c

 

ホールダウンアンカーは柱を固定する重要なパーツで、柱のあるべき場所からオフセットして埋め込まれます。左の小さい方は土台の木材を固定するアンカーです。

 

 

養生が終われば、金型を外す脱型がおこなわれ、基礎工事の終了になります。

新築のアーパート案件なども、この金属枠で基礎をおこないたいと思います。

金属枠ですと生コンクリート打設の際、気泡を抜くのが難しく、あまりに硬い生コンや施工レベルが低いと、綺麗に仕上がらない場合があるので、技術がモノを言います。(木製を使ったらダメというわけではありません)

出来上がってしまえば見えない基礎部分。普段あまり注意して見ることのない基礎工事ですが、投資物件を新築からという際は、一つひとつの施工について気になるむきもいらっしゃるかもしれませんね。

 

  

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ