1. Home
  2. インテリアデザイン
  3. インテリアコーディネート
  4. 『インテリアの知識、分かる範囲で教えちゃいます! Part 36』

『インテリアの知識、分かる範囲で教えちゃいます! Part 36』

自社で35億円の物件運用中!!ノウハウあります^ ^ 
リフォーム・新築請負相談承り中↓↓↓
https://reform-pikaichi.com/reform/

 

こんばんは⭐

 

幕張bay支店 事務員の黒木ですa🦝🍎

いつもピカいちブログをお読み頂き、誠にありがとうございます。

 

今回のブログでは「アンティークとは」についてご紹介したいと思います。

またヴィンテージとの違いについても紹介していきます!

 

そもそも、ヴィンテージとアンティークの違いとは、、、

 

アンティークは100年以上前に作られたもの。

ヴィンテージは100年以内に作られたものといわれています。

 

その理由は19世紀末にアメリカのウィリアム・マッキンリー大統領が、輸出入に関する法改正の中で

 

「アンティークとは製作されてから100年経ったもの」と決めたことがきっかけになり、1934年にアメリカが定めた通商関税法で「100年以上の古い美術品、工芸品、手工芸品に輸入関税を課さない」と決定。

ただ、これはあくまでアメリカでの決め事なので、アンティーク生活に密着しているヨーロッパの国では、実は「アンティーク」に対する明確な定義は、存在していません。 

 

因みに「ヴィンテージ」の定義はもっと曖昧で、20~30年以上前のものとされています。

 

アンティークの本場、英国のアンティークを取り扱う修復士美術館では、

造られてから100年経っていないものでも「アンティーク」と呼ばれているものがたくさんあります。

 

英国の方が重要視しているのは、デザインの歴史を継承していることなんです。

また、「100年以上」ということより、第二次世界大戦以前の大量生産で作られていないものということを重要視しています。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

それでは次回もお楽しみに☆

↓↓↓ぜひポチっとお願いします♪

br_c_1538_1

✩お得なキャンペーンや不動産情報✩をご紹介させて頂きます。告知は、弊社ブログ・LINE@限定となっておりますので、ブログのチェック、LINE@登録、どうぞよろしくお願いします。


弊社代表 柳田の書籍 第1弾

【ピカいちのリフォーム投資】

大好評、販売中!『投資の教科書』としてお読みいただけます。

リフォームは投資という新しい考え方!

☆リフォームやる前に読めば確実に元は取れると思います☆

ご購入はこちらから

👇

【ピカいちのLINE@】 

@ent7373a LINE@登録方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る