1. Home
  2. 特集編
  3. 水道関係
  4. 《世界の水道について 》…②

《世界の水道について 》…②

 

 

「自社で35億円の物件運用中!!ノウハウあります^ ^

リフォーム・新築請負相談承り中↓↓↓

   https://reform-pikaichi.com/reform

  

 

こんばんは🌙

  

幕張bay支店 事務員の本田🐣です。

  

  

いつもピカいちのブログをお読みいただき

ありがとうございます😄🍁🍂🍐🍎

  

  

今日は、前回の世界の水道についての続きで

オセアニア編からお伝えします。

  

 

  

 『 水道水を安心して利用できる国はどこの国❓❓ 』

  

 

  

『 オセアニア 』

  

オセアニア地域の2か国では、キャンベラ(オーストラリア)

とオーストラリア・ニュージーランドが飲用できます。

オーストラリアの首都キャンベラでは、水道水のクオリティが

非常に高いものの、キャンベラを除く地域では注意が必要です。

安全に水を利用したいなら、購入する方が一般的だそうです。

とは言いつつも、キャンベラで販売しているミネラルウォーター

はめっちゃ高いく、ペットボトル1本400円で販売だそうです。

日本人からすると、考えにくいですね・・・💦

  

  

オーストラリアは近年、水不足に悩まさせれており

水の価値が高くなってるそうです。

  

  

『 アフリカ 』

  

アフリカでは、水道水をそのまま飲める国は1ヶ国

飲めるが注意が必要な国4ヶ国だそうです。

そのまま飲める国は南アフリカ共和国のみ。

  

そのまま飲めるが注意が必要な国

✔ レソト

✔ ボツワナ

✔ ナミビア

✔ モロッコ

   

  

  

  

想像より、アフリカの水道事情も良くなっているみたいです。

以外過ぎて驚いてます😲

ただし、完全に安心して利用できる国は南アフリカ共和国のみ

そのほかの国に行くなら、ミネラルウォーターを購入するのと

水を販売していない地域もあるので下調べをオススメします。

  

   

つづきは次回にお伝えいたします😊

最後までお読み頂きありがとうございました😄

次回もお楽しみに♫

 

↓↓↓ぜひポチっとお願いします☆

br_c_1538_1

↑↑↑めざせ!ランキング上位!

✩お得なキャンペーンや不動産情報✩をご紹介させて頂きます。告知は、弊社ブログ・LINE@限定となっておりますので、ブログのチェック、LINE@登録、どうぞよろしくお願いします。


弊社代表 柳田の書籍 第1弾

【ピカいちのリフォーム投資】

大好評、販売中!『投資の教科書』としてお読みいただけます。

リフォームは投資という新しい考え方!

☆リフォームやる前に読めば確実に元は取れると思います☆

ご購入はこちらから

👇

【ピカいちのLINE@】 

@ent7373a LINE@登録方法はこちら 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る