1. Home
  2. 特集編
  3. 水道関係
  4. 《 上水道の歴史について 》

《 上水道の歴史について 》

  

  「自社で35億円の物件運用中!!ノウハウあります^ ^

   リフォーム・新築請負相談承り中↓↓↓   

      https://reform-pikaichi.com/reform

  

  

  

こんばんは🌙

幕張bay支店 事務員の本田🐣🍀🌠です。

  

  

いつもピカいちのブログをお読みいただき

ありがとうございます😄

  

今年もあと約半月を過ぎようとしております…

クリスマス🎅👼🎄✨🎁も近づいてきてます❗❗

今年は去年よりは行動範囲が広がって予定をたてて

るかと思われますが新型コロナの変異ウイルスの

感染が広がらなければ良いですね💉🧬🧫🩺

  

  

今回は世界の『上水道の歴史』について調べて

みました。

  

水道のルーツは古代地中海沿岸諸国とされる。

当初は、深いところにある井戸の水を遠くに

運ぶ為の水路であったと思われます。

  

  

   

  

 ローマ帝国の上水道

  

ローマ帝国の上水道として一番整備されていた

ローマには約10以上の上水道が建設されており

その上水道は建設した指導者の名前を取って

「アッピア水道」とよばれ、当時の指導者の

慈善事業として権力を誇示していました。

建設された上水道施設のメンテナンスも当時の

為政者の重要な行政として実地されおり

ローマ上水道の中でも一番古い紀元前前312年

に建設された「アッピア水道」は総延長16㎞

となっております。水源地の海抜30mで、ローマ

市街地が海抜20mである為、10mの高低差を

生かした自然の重力で配水しており、水道の大分

は地下に建設されましたが、ときには水道橋や

サイフォンの原理を使って水を上昇させるなど

の技術が使用されました。

古代ローマの繁栄はこうした都市インフラの充実

によることが多く、清潔で豊富な飲料水や浴場施設

への提供は市民の健康や子孫繁栄の大きく役立った

と言えます。しかしながらローマ帝国の滅亡とともに

蛮族らによる破壊やメンテナンス不足などから現存

する上水道施設は少なくなっているとの事です。

  

    

  

今日はここまで、次回もお伝え致します❗❗

最後までお読み頂きありがとうございました😄

次回もお楽しみに♫

  

  

↓↓↓ぜひポチっとお願いします☆

br_c_1538_1

↑↑↑めざせ!ランキング上位!

✩お得なキャンペーンや不動産情報✩をご紹介させて頂きます。告知は、弊社ブログ・LINE@限定となっておりますので、ブログのチェック、LINE@登録、どうぞよろしくお願いします。


弊社代表 柳田の書籍 第1弾

【ピカいちのリフォーム投資】

大好評、販売中!『投資の教科書』としてお読みいただけます。

リフォームは投資という新しい考え方!

☆リフォームやる前に読めば確実に元は取れると思います☆

ご購入はこちらから

👇

【ピカいちのLINE@】 

@ent7373a LINE@登録方法はこちら 

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る