1. Home
  2. インテリアデザイン
  3. 『インテリアの知識、分かる範囲で教えちゃいます  Part 15』

『インテリアの知識、分かる範囲で教えちゃいます  Part 15』

こんばんは🌙

幕張bay支店 事務員の黒木です🦝🍎

いつもピカいちブログをお読み頂き、誠にありがとうございます。

今回のブログでは「インダストリアルインテリア」について紹介していきます😎

インダストリアル(Industrial)とは英語で「産業の、工業の、工業用の」という意味です。

簡単に言うと倉庫や工場をイメージした空間です!

男前なインテリアデザインとして男性の方に結構人気!!

ただ、本気を出してコーディネートしてしまうと無骨すぎて女性や家族にあまり合わないです。笑

色使いや綺麗目なインテリアをプラスすることで女性にも家族に合うような空間にすることもきますので、後ほどちょこっと説明していきますね☺

 

先ほど書かせていただいたように、インダストリアルインテリアの特徴は、倉庫や工場をイメージした空間なので工業製品として製造された家具や、「金属」「コンクリート」「タイル」「レンガ」など無機質な素材を使います。

 

カラーパレットはブラックやダークブラウン、シルバーなど、、

暗めで落ち着くようなのカラーパレットでインテリアをそろえるとGood!

【家具の素材】

・木材

・スチール

・レザー

がよく使われています!

 

あえて綺麗すぎない素朴な仕上げのものやヴィンテージ感のあるインテリアを取り入れることがポイント!

 

【照明】

照明はスチールのシェード照明とかアイアンワイヤー照明などがおすすめです。

むき出しになった電球も雰囲気が出ていいと思います!

照明のカラーもやっぱりブラックやグレー、さびっぽい雰囲気のものを選ぶのもOK!

 

それではここからは女性や家族にあまり合わないインダストリアルインテリアを女性や家族に合うような空間に作るアドバイスをしていきたいと思います🤓

 

インダストリアルインテリアは他のスタイルのインテリアと少し組み合わせることで少し柔らかみのあるインテリアコーディネートになります🌱

 

例えば今回はインダストリアル✕北欧の組み合わせについて紹介していきます。

 

北欧インテリアについては以前もブログでざっくり紹介していますが、イメージはこんな感じ👇

インダストリアルインテリアと真逆なテイストですね!笑

北欧インテリアではホワイトやベージュ、グレーなど明るいカラーをベースにイエローやグリーン、パステルカラーを取り入れるスタイルです。

 

そしてそんな空間を飾るインテリア自体も綺麗目で、デザイン性のあるものをよく使用します。

 

では、どのようにして組み合わせるかというといいのかと言いますと、、、

 

北欧インテリアの木目調家具や明るい空間にインダストリアルインテリアのアイアンインテリアやブラックを特徴としたインテリアを合わせることがポイントです。

 

イメージだとこんな感じ👇

インダストリアルインテリアの男っぽいテイストに北欧インテリアが持つ優しいく柔らかい雰囲気をあわせてなおさら居心地のいいインテリアコーディネートにすることができます!

これだと女性や家族でもおしゃれで素敵な空間で過ごせると思います!

 

お子さんがいたり、もっと色を加えたりしたい方でも問題ありません。北欧インテリアのカラフルで大胆な柄のアートを飾ったりしてもいいと思います。

そして、北欧インテリアとインダストリアルインテリアの二つをバランスよく取り入れることが重要です。

壁一面をレンガや打ちっぱなしのコンクリートにしたり、あるいは床でもいいですね!

どっちかのテイストが勝ちすぎないのとテイストを混ぜすぎないのも大切なポイントだと思います🤔

それでは今回のブログはここで終了にしたいと思います🌙

最後までお読み頂きありがとうございます🙇‍♀️

それでは次回もお楽しみに!!

↓↓↓ぜひポチっとお願いします☆

br_c_1538_1

↑↑↑めざせ!ランキング上位!

✩お得なキャンペーンや不動産情報✩をご紹介させて頂きます。告知は、弊社ブログ・LINE@限定となっておりますので、ブログのチェック、LINE@登録、どうぞよろしくお願いします。


弊社代表 柳田の書籍 第1弾

【ピカいちのリフォーム投資】

大好評、販売中!『投資の教科書』としてお読みいただけます。

リフォームは投資という新しい考え方!

☆リフォームやる前に読めば確実に元は取れると思います☆

ご購入はこちらから

👇

【ピカいちのLINE@】 

@ent7373a LINE@登録方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る