こんばんは☆

事務員の川名です🐹

いつもピカいちブログをお読み頂き、誠にありがとうございます!

最近すっかり寒くなってきましたね~😥

体調不良に気を付けて、年末まで突っ走っていきましょう😎✨

さて、今日のブログはピカいちに入社してから初めて知った言葉について

簡単にご紹介する勉強ブログです✍

今回の単語は「接道」についてです☆

接道とは・・・その土地が接している道路の幅をいいます。

都市計画区域内で建物を建てる場合、

原則として幅員4m(特定行政庁が幅員6m以上を道路として取り扱う区域は6m以上)の

建築基準法上の道路に、2m以上接した敷地(土地)でなければならないと定めているそうです。

そのため1つの土地を分割して販売する場合などでは、道路から離れた奥まった土地の一部を敷地延長させ、ギリギリ2mだけ道路に接するようにしているケースが多いです。

また、旧市街地内の土地を購入する際に多いのが、敷地に接している道路の幅が4mに満たないケースである。この場合は、道路の中心線から2m敷地の縁を後退させなければならない。これを「セットバック」といいます。

ここで出てきたセットバックという単語については、

黒木さんのブログにて紹介していただきます(‘◇’)ゞ

建物を建てる際、道路にも色々な決まりがあるということを初めて知りました!

幅も決まっているとは驚きですΣ(・ω・ノ)ノ!

その前に道路について調べたこと自体初でした、、、(笑)

初めて学ぶ単語ばかりで、整理するのもいっぱいいっぱいになってしまっていますが、

しっかり学んで日々の業務に役立てたいと思います!!!

ここまで見てくださりありがとうございました(^^)/

ポチをしてくださるとさらに嬉しいです✨

次回の更新もお楽しみに!

br_c_1538_1

↑↑↑クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法は弊社ブログ・LINE@のみでしかしないので、毎回ブログをチェック、LINE@登録☆彡宜しくお願い致します🌟

弊社代表 柳田の書籍 第1弾

【ピカいちのリフォーム投資】

10月11日(金)に出版致されました!

リフォームは投資という新しい考え方!

☆リフォームやる前に読めば確実に元は取れると思います☆

ご購入はこちらから

👇

【ピカいちのLINE@】 

@ent7373a LINE@登録方法はこちら

ページ上部へ戻る