屋根・外壁塗装レイヤーカラーでブラッシュアップ!vol.3

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き 

屋根・外壁塗装レイヤーカラーでブラッシュアップ!vol.3

をご紹介させていただきます

場所:【千葉県 山武郡】

屋根_横芝光町 施工中_180522_0008

今回は屋根周りの補修と屋根塗装・ツートンの外壁塗装でリフォームなされた案件をご紹介したいと思います。

鳩小屋_破風板_横芝光町 施工中_180522_0010

ここは屋根からのぞいている『鳩小屋』(屋根や屋上につく通気・配管のための構造物)部分です。前面に当たる破風板が劣化しています。破風板は建物の中でも最も風雨の影響を受けて劣化が進む場所です。ここは遠くからでも目立つ場所でもあり、破風板の痛み具合によっても建物の外壁塗装(および修繕)のタイミングを計る目安にもなるかと思います。

鳩小屋_横芝光町 施工中_180522_0012

鳩小屋の造作部分も修繕がなされました。ここが傷んだまま放置されていますと、雨漏りで建物に大きな被害を与えてしまうので、所有される物件にこのような鳩小屋があるのであれば、数年ごとに痛みが出ていないか、チェックするようにするのも良いかもしれません。

鳩小屋_横芝光町 施工中_180522_0011

『鳩小屋』は構造からしっかり造作し直され、板の継ぎ目は接着剤も行き渡らせて素地を整えました。塗装の前に木材表面の凹みを整える下地の加工とシーラー塗布により本塗装の準備をおこないます。

側面_横芝光町 施工中_180522_0002a

建物の階段脇は窓枠下の傷んだコーキングを打ちなおすためにマスキングテープが貼られました。2本のマスキングのラインに内側に囲まれた部分がしっかりラインとサイディングの凹凸に密着していれば、テープそのものが雑に貼っているように見えても、何ら問題はありません。

側面_横芝光町 施工中_180522_0001a

またマスキングは1方向からすぐにはがせるようできるだけ1本のものをうまく折りたたみながらコーキングの通る内側のラインのみを整えて貼ります。これは時間と手間の短縮のために職人がおこなう職人技といえるでしょう。マスキングの外側にあたるサイディングとの際(きわ)は多少テープを折込んだりした余りなどがはみ出ていてもまったく問題ありません。

軒天_横芝光町 施工中_180522_0004

バルコニーの裏側も、すでに補修がなされて、塗装がどんどん進められていきます。

側面_横芝光町 施工中_180522_0003

中央は新しくコーキング済み、サイディングは下塗りの状態です。窓はビニールで養生されています。

側面_横芝光町 施工中_180522_0006

軒天外壁の上半分のカラーはすでに塗装が終わっており、次は建物の下側の2色目のカラーになります。サイディング部分は下塗りとコーキングもしっかりとなされて、合計3回の塗装により塗装工程が終了します。

階段_横芝光町 施工中_180522_0005

再塗装の前に不具合箇所がチェックされて錆止めのプライマー塗料が塗られていきます。鉄部の塗装はまず、下地の洗浄やケレン(場合によっては補修)ののち、錆止めのプライマー塗料が塗られて初めて本塗装に入ります。

階段_横芝光町 施工中_180522_0007

再塗装の前に鉄部すべてに錆止めが下塗り施されました。

次回に続きます。

今回の現場監督は『小林さん』です。

小林さん 顔写真

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る