Overhaulin’ 2 外壁そっくりさん!!

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

Overhaulin’2 外壁そっくりさん!!

をご紹介させていただきます。

 

最近新築でも人気のツートーンカラーは、フルリフォーム・リフォームを施した投資物件においてもその募集効果は有効です。せっかく内装のフルリフォームを行なっても、入居者の案内の際に古い外観のみで判断されて成約をのがしてしまうケースもあるといわれます。

 

今回は 前回 までの総集編としてツートーンの配色例現調画像画像加工予想図(カラーシミュレーション)→施工中写真でお伝えしたいと思います。

カラーシミュレーションには費用や手間も発生しますが、どうしても完成が予測できにくい場合等はその予算を組み込む価値もあるといえます。

今回は自社物件でのテストケースになります。

 

元になる写真さえあれば、カラーシミュレーションで仕上がりの予想ができますが、1・2方向、1パターンのみ*という方が現実的です。多くのスタディを望むと時間と費用がかかるばかりか、逆に決定に迷いが生じることがままあります。

 

*色さえ決まってしまえば、従来通りに塗装は指示のみでも進めるため数多く考えるより1案でもしっかり構想を練ることが大事です。 

 

 

Baidu IME_2017-8-23_14-0-35d

↑Before

Baidu IME_2017-8-23_14-0-35a

↑↑simulation

最初の写真をもとにしたカラーシミュレーションです。

20170913_170913_0004acd

 

細部において、排水パイプの赤(差し色部分)、ベランダ上の洗濯干しのハンガーの黒など分散配置された色の並びも施行中の写真でほぼ確認できます。ベランダ仕切り板の黒フチはその後の詳細指示によって決められたようです。

 

 

Baidu IME_2017-8-23_14-2-8

↑Before

Baidu IME_2017-8-23_14-2-8a

↑↑simulation

20170913_170913_0003acde 

↑↑↑After

大まかな分割指定がしっかりとできているため、細部にわたる詰めにまで心がゆき届くのではないでしょうか?

 

 

Baidu IME_2017-8-23_14-1-26

↑Before

Baidu IME_2017-8-23_14-1-26a

↑↑simulation

20170913_170913_0001acd

↑↑↑After

こちら側もイメージ通り順調に塗装が進んでいます。

 

 

Baidu IME_2017-8-23_14-2-34

↑Before

Baidu IME_2017-8-23_14-2-34a

↑↑simulation

この時点で手摺のみならず階段裏も白にするような塗装指示も別途追加されました。細かな指定箇所の発見にも役立っているようです。

 

20170913_170913_0002acd

↑↑↑After

塗装が進むごとにイメージがそのまま現実化していく様は、文字による指示とは何かしら違って不思議と大きな達成感が得られました。

 

 

 

今回はツートン塗装をご紹介しましたが、築浅物件に負けない客付けを招く手段として、ツートンの外壁塗装いま最も注目すべきリフォーム項目であるともいえるでしょう。

 

 

 

 

今回の現場監督は『野田さん』です。

野田さん

 

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る