排水管の逆勾配&配管リフォーム 現調編

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 

排水管の逆勾配&配管リフォーム 現調編

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 中央区】

 

排水に不具合が出た物件で排水の逆勾配が疑われ、配管が集中している建物脇で排水含め、水道・ガスの配管をリフォームをおこなうことになりました。

投資物件を運用する前に古くなった排水などを確認して不具合があれば、手を入れておくことで、その後の管理のリスクが軽減されるといえます。

 

1現調_1493728308808a

 

掘削する範囲にケガキラインを引き、そのラインに添ってグラインダーにコンクリート用の刃を装着したコンクリートカッターで切り欠いていきます。

 

 

2掘り出し_1493728413943a

 

配管を傷つけないよう、慎重に配管周りの土を掘り出していきます。狭い範囲に配管が集中しているので掘り起こしは人の手によります。

 

 

2掘り出し_1493728413962a

 

まるで密集した竹の根のような配管が現れました。

中央の垂直な太い管が排水管で、左に水平に伸びている鉄管はガス管です。その内側の古い水道管は鋼管でできており、配管し直す際は塩ビ管に取り替えたうえで取り回しを整えます。

 

 

さて、排水管の勾配を修正するとともに、複雑に入り組んだ給水管(水道管)の取り回しはどのようになされるでしょうか?

 

 

今回の現場監督は『渡邊さん』です

渡辺さん

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る