新着!アクセントクロス(will/リリカラ)ウッド&ストーン編

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は

新着!アクセントクロス(will/リリカラ)ウッド&ストーン編

を、ご紹介させていただきます。

 

リリカラ表紙_170725_0006a

 

【リリカラ】Lilycolor will Wallcoverring collection 2017-2020

本年度の新カタログからウッド&ストーン編をピンポイントでレビューさせていただきます。

 

 

 P177cc2

《LW-2744》

 

P177ccc 

 

ムクの木味感にこだわったこちらのナチュラルウッドパターンは、工房ガレージスタジオといったフリーの作業スペースを思わせるようなソリッドな肌あいの木目が特徴です。ムクといえば柔らかなで女性的なイメージを想像しがちですが、やや突き放したようなラギッド(Ragged)な印象が魅力です。

 

 

p178c

《FE-1256》(写真右)

 

p178ccc

 

コンクリート打ち放しのような表情が、まるでデザイナーズ賃貸のような圧倒的な個性を発揮!!ウエアハウスを一人で占有しているかのような満足感もまた得られそうです。区分マンションの角部屋やエレベーターなしの最上階といった、ともするとアドバンテージが低くデメリットのある部屋にチャレンジしたいクロスです。もちろん実際の打ち放しのように暑さ寒さという欠点が出ないのも魅力です。

 

 

P174ac 

《LW-2731NEW(右)

 

P174acc

 

風雨にさらされて白のペイントも退色・剥がれた再生木材を使用した壁を装い、明るくプレーンな部屋をイメージさせてくれるダメージ風の木目です。プランツオーガニック志向の似合う、穏やかな空間を演出してくれそうなアクセントクロスです。

 

 

P174cc

《LW-2734 NEW(右)

P174ccc

 

エスニックカラーでラフにペイントビンテージ加工された組み木の壁をモチーフに、エスニックな雰囲気を取り入れつつクールで洗練された空気も感じられ、見るものを飽きさせないフォークロアテイストのクロスです。

 

 

 

アクセントクロスはメーカーのカタログをネットで閲覧できます。(リリカラ:カタログ紹介

しかし、一方でその選択肢のあまりの多さに迷われることもあるでしょう。

投資物件におけるアクセントクロス選びは、カタログを見始めるまえにあらかじめイメージやポイントを絞っておくことが秘訣といえるでしょう。

 

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

  

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る