☆ピンポイントフォーカスでDIY的洞察

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は

☆ピンポイントフォーカスでDIY的洞察

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 八街市】

八街ファミーユ施工前_170705_0004a

 

今回は 2DKのミニマムリフォームをご案内いたします。

 

 

 八街ファミーユ施工前_170705_0006

 

まず、ドアに問題を見つけました。ドアクローザがストップしない場合、リンクを押し上げてセットし直します。よくドアストップカムが出てしまっている場合があります。その時はセットネジを緩めてストップさせたい位置にドアを開いてリンクの中にストップカムを入れて再びネジを締めます。

 

 

八街ファミーユ施工前_170705_0005

 

ただし、今回はカムが摩耗してしまっていて、上のように再調整することができません為、ドアクローザ交換になりそうです。

 

 

八街ファミーユ施工前_170705_0015

 

キッチンパネルのタイル貼り部分に変色や焦げ跡の付着があります。タイルは剥がしてしまいます。

 

 

八街ファミーユ施工前_170705_0018

 

キッチンシンクの流し台トラップのパッキンの劣化により、排水溝直後に漏れがみられました。

 

 

八街ファミーユ施工前_170705_0009

 

バスルームの折戸ガラスが割れていました。扉を丸ごと交換という手段の方が楽そうです…が、ガラスのみ入れ替えます。これはさほど容易でもないのですがコスト的には下がります;

 

八街ファミーユ施工前_170705_0014

 

古いコンセントカバースイッチカバーは9割近くが、このタイプが使われているのを見かけます。

カバーよりコンセント部分が少し埋もれてしまっています。

 

 

ジプトーン_八街ファミーユ施工前_170705_0002

 

tenjyou02_pho01

 

天井は今、一般住居に使うとちょっと懐かしい感じがする「ジプトーン(大理石風トラバーチン模様の洋風天井用化粧石膏ボード)」の天井です。用途的には事務所や公共施設などのほうがふさわしい感じがしますが、施工が容易な為か住居でも本当によく使われていました。

これを安易にペイントで塗り潰そうとすると穴に嵌った塗料がダマになったり、表層の剥離を起こしたり、と以外に面倒なことになります。今回はあまり汚れや劣化も見られないのでそのままとします。

 

 

八街ファミーユ施工前_170705_0011

 

床に異常はなさそうなので、畳表の交換で綺麗になるでしょう。

 

 

たとえばデジタルカメラに顔認識機能があるように、問題部分をきっちり追跡して必要エリアのみをリフォームに割り当てました。 部品や部分を交換したりというDIY的なアプローチで、どこまで修繕できるかどうかが見どころになりそうです。

 

 

今回の現場監督は『伊敷さん』です。

伊敷さん

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る