家屋解体! !伐採・抜根 施工例

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。


もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが
お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、
皆さんの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は

家屋解体! ! 伐採・抜根 施工例

を、ご紹介させていただきます。

 

投資物件であれば、リフォーム案件においても家屋を含む敷地の景観をリセッすることができる伐採・抜根をおこなうことがもはや通例になりつつあります。また投資物件の新築や出口戦略を想定すれば、伐採・抜根のみならず、家屋の解体・更地への施工も考えられます。それらの施工の必要性がわかっていてもどのような作業により進められて行くかは実際にあまり目にする機会がないかと思います。今回はその施工例を紹介させていただきたいと思います。

 

 

現場住所【千葉県 長生郡】

 

S__7594011

 

けっこう立木の多い敷地の家屋ですね;

 

《仮設水道・電気立ち上げ》

新築 長谷川様邸_170420_0005a

 

今回は家屋解体も行われる予定なので、解体工事を始めるまえに電気、水道を使える状態にしています。

特に水道は解体の際に散水などで埃の飛散を防ぐことにも必要です。

 

《鉄板敷き》

S__7602208

 

工事作業車の出入りにより特に敷地の入り口付近には多大な荷重がかかるため鉄板を敷いてあります。

前面に接するアスファルトも保護しなければ、重機が入る際に立ち上がりが崩れてしまいます。

 

《樹木の伐採・抜根》

S__7602200

 

「伐採」はまずチェーンソーやノコをつかって手作業で「枝払い」をおこないます。

 

S__7602199

 

当然根が残りますので、「抜根」重機(ユンボ)を使って根を掘り起こします。

 

S__7602205

 

かなりの量が集積されました。

 

S__7602206a

 

太い幹は玉切り」をおこなって搬出に備えます。

 

 

 

次回は、解体の様子をお伝えしたいと思います。

 

 

今回の現場監督は『渡邊さん』です。

渡辺さん

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る