共用スペースのポテンシャル UP #3

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さんの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。

前回の共用スペースのポテンシャル UP #2のレポートに引き続き、

本日は

共用スペースのポテンシャル UP #3

をご紹介させていただきます。

 

場所:【ピカいち本社】

 

4116 

 

ダウンライトの設置が終了し、いよいよ点灯!!

 

4108a

 

結果はダウンライト設置について、想像していたよりはるかに効果がありました。

4112

 

4090

 

4084a

 

もともとの建物の持つポテンシャルもあると思いますが、夜の外観だけでなくやはり照明を追加したことで利用する側の利便性も劇的に良くなりました。

 

《 ダウンライト設置前》before

4065

↓↓↓↓

《 ダウンライト設置後》after

4093

 

 

投資物件においては、室外のダウンライト追加のようなケースはほとんどないと思いますが、共用の照明が古くチラつきやすい蛍光灯のままであったりするばかりでなく、階段その他の鉄部分の錆つきや、プロパン設置場所近辺のゴミ溜まりなど、見落としがちな欠点が放置される場合も多々見受けられるようです。
リフォームの計画の際に、どの程度共用部分に目を向けるかも、施工完了後の入居率をUPする一つのポイントになるとも考えられます。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る