共用スペースのポテンシャル UP #2

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さんの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。

前回の共用スペースのポテンシャル UP #1のレポートに引き続き、

本日は

共用スペースのポテンシャル UP #2

をご紹介させていただきます。

 

場所:【ピカいち本社】

 

4154

 

足場が組まれました。前面はガラスなので設置、施工、撤去は慎重かつ迅速におこなれれました。

 

4151

 

軒天にはケイカル板が使われます。

ケイカルとは(ケイ酸カルシウム板)ケイ酸質原料、消石灰、パルプ等補強繊維が主原料の不燃ボードで、湿気などでの寸法変化、反りなどが少なく腐食もなく品質が安定してるという特徴があります。また原材料が非常に安価な素材でもあります。
古い家屋では多くの軒天がベニヤなどで施工されていましたが、軒天(軒裏)は基本的には防火構造としなければなりませんので現在はこのケイカル板がよく使われます。

4138

 

全面有孔板を要所に配置することで通気を保っています。

 

41484119

 

ダウンライトは1〜100%まで調光可能なDAIKO DOL-4432YW(LED/電球色)を使用。350度回転、首振り角度が中心から30度の角度調整が可能です。

4144a

最後のケイカル板を一人ではめ込む作業。軒天の部材の内側に仮止め板を打ち付けています。

4143

 

中から最終作業の進行を見守っています…

 

4130a

 

施工が終わり、ケイカル面の塗装は防カビ・耐水性に優れたアクリル塗料「ケンエースG-Ⅱ」で行いました。この塗料は下地への影響が非常に少なく、素材への浸透力があるので旧皮膜が判断しにくい場合にも向いているそうです。まさにリフォーム向けの塗料ともいえそうです。

ダウンライトの設置・施工が終了しました。 

4121

次回、#3に続きます。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る