共用スペースのポテンシャル UP #1

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さんの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は

共用スペースのポテンシャル UP #1

をご紹介させていただきます。

 

場所:【ピカいち本社】

 

不動産投資物件において、共用スペースの設備やリノベ・リフォームについては、あまり経費がかけれないといった意見をよくうかがいます。外壁を除いた「共用スペース」については室内のそれと違ってなんとなくあきらめがちでもあり、またリフォーム効果がなかなか想像しにくい部分であると思われます。

リフォームが完了しても空室がなかなか埋まらない、内見で感触が良くてもなんとなく契約が決まらないという物件には、共用スペースに何か問題があるのかもしれません。

 

さて、こちらは日が暮れてからの「ピカいち本社」社屋の状態です。地域柄、駐車場は広いわりに、近隣の街灯もかなり少なめになります。
入り口にはダウンライトが設置されているので、出入りには不自由はしませんが、夕方ブラインドを下ろすと辺りは真っ暗になります。

 

4065

 

あまりに暗いので、下の建物と間違えられそうですね;

 

4069

(注:↑↑ピカいち本社ではありません)

 

結果、社屋の軒天にダウンライトを設置することになり、その効果がどんなものになるかお伝えしていきたいと思います。

 

次回、#2で施工作業に続きます。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページ上部へ戻る