廣田 亜耶

4年前から始めたタヒチアンダンス

廣田 亜耶

休日は4年前から始めたタヒチアンダンスをしたり、友達とBBQをしたりアクティブに過ごしています。タヒチアンダンスは、最近では色々なイベントなどで定期的に躍らせてもらえるようになってきたので、仕事が終わってから練習へ行ったりと、休日を含め仕事と趣味を両立出来ていて充実した日々を過ごせています。
前職の飲食店で働いている際は、日曜日に出勤があり、勤務時間が遅いことで、友達と会うなど、趣味の時間があまり持てず仕事のみの日々を過ごしていました。こんな毎日でいいのかなと、疑問をもっていたそんな時に、不意にみた求人誌でピカいちのページを発見しました。ピカいちのホームページを見ると【朝サーフィンをしてから出社出来ます】など、仕事も趣味も100%!そんな印象を受けました。そんなとき、この会社なら昼間に働けて仕事も趣味両方ともでき、onもoffも充実した毎日が送れるのではないかと思い、魅力を感じ、ピカいちで働きたいと思いました。

仕事も遊びも、本気

ピカいちは、みんな仕事も遊びも何事にも全力で、団結力がすごいと思います。
誰かが現場で困っている時には、遅くても現場に駆けつけて作業を手伝い、また、天気の日には誰かがバーベキューしたいね。の一言で急遽、就業後にバーベキューが始まったりします。
仕事も遊びも何事にも本気なところ、一致団結の強さがピカいちにはあると思います。

ありがとうの集まる会社づくり

廣田 亜耶

私の仕事のやりがいは、【ありがとう】と言われることです。
私の業務ではお客様と直接関わる機会はなく、お客様から【ありがとう】と言われることは殆どありません。どちらかと言えば事務職は影の存在だと思います。しかし、普段直接お客様と接している営業担当や、現場の指揮をとる施工係の業務がどうしたら効率よく出来るか。
どうしたら、お客様にもっとより良いサービスを提供できるように、サポートが出来るかを考えて仕事をしています。営業さんたちの1歩先を予測して、資料を作成したり、発注漏れが無いように工事内容を確認したり工事が円滑に進むように手続きをしたりと。最終的に、工事が終わった際に、お客様からの担当者への【ありがとう】の声や、直接、サポートをしてくれて【ありがとう】の声を聞くと、よし、また頑張ろうと思います。
縁の下の力持ちではないですが、間接的にでも、ピカいちっていい会社だよね、ピカいちに頼んでよかったねと、【ありがとう】と満足してもらえるように、そんな会社作りに関われることにやりがいを感じています。

毎日が刺激的で成長を感じられる

廣田 亜耶

今は事務として、フォローをしていますが、今後はもっと営業事務として工事内容や、リフォーム内容の知識を増やし、最終的に広田さんに聞けば工事のことは何でもわかるよ、と言われる位の人材になりたいです。後輩も入り、人材教育にも力を入れていき、ピカいちのチーム力をもっと大きくしていきたいです。

事務職ってつまらなそう、毎日平凡そう・・・。いいえ!!ピカいちの事務はそんなことありません。与えられた仕事のみをするのでは無く、自分達で何が一番ベストかを考え、実行できる職場です。毎日が刺激で、毎日が勉強。自分が頑張れば頑張った分、毎日成長を感じられる職場だと思います。仕事の時間も趣味の時間も両方とも充実させたい。そんな風に考えている人にはピッタリな職場だと思います。
思いっきり働いた分、思いっきりoffを楽しむ。平凡が苦手な人にはもってこいな職場です。

オフィシャルブログ