2018.06.14

☆リフォーム済み3LDKを空室時に原状回復へ♪EP1

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は

☆リフォーム済み3LDKを空室時に原状回復へ♪EP1

をご紹介させていただきます

 

場所:【千葉県 千葉市】

 

旧外観a

 

今回は築27年の軽量鉄骨アパート2DK空室時に原状回復をおこなって、状態をKeepする施工の様子をご覧いただきたいと思います。

 

 

DSC00957a

 

こちらはリフォーム当初の写真ですが、システムキッチンのほか、コンパクトな洗面台も、設置されました。

 

 

トイレ前_誉田206施工前_170415_0006

 

そのシステムキッチンの脇は、他の水回りが集中してレイアウトされていますがそのぶん、傷みやすい場所になります。

 

 

洗面誉田206施工前_170415_0007

 

CF(クッションフロア)に傷のほか、継ぎ目などに浮きなども見られます。

 

 

トイレ角誉田206施工前_170415_0002

 

 8畳のLDKにはコンパクトな洗面台の壁と接する形でトイレの個室がある間取りです。洗面台の向こうには、洗濯機置き場のほか、浴室の扉も見えます。

 

 

トイレ角_誉田206施工前_170415_0001

 

LDKのトイレの入り口の戸当たり付近です、CFの床はめくれや隙間が見えます。ドアの戸当たりのシールが剥がれてしまっていました。

 

DK窓_誉田206施工前_170415_0008

 

LDKの窓は縁が欠けた形になっています。窓台の造作が良くなかったのでしょうか?窓自体は使用において全く問題はないのですが、使える箇所に大きく修正を入れると費用がかかってしまいそうなのが悩み所です。

 

 

旧外観a

(建物外観の写真は最初のリフォームがおこなわれる前の状態です。:ご参考まで)

 

 

 

 

次回に続きます

 

 

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ