2018.05.17

事務所の2Fをテンポ良くリフォーム♪#1

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は

事務所の2Fの1Kをテンポ良くリフォーム♪

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉市 中央区】

 

外観DSC02417a

 

今回は1階事務所になっている、2階建木造アパートの2F・1Kリフォームの現調編をご案内いたします。

 

 

8408acc

 

今回はリフォームプランを上の図面でもご覧いただきたいと思います。この図面1枚でもリフォームの仕様がわかる人には全てわかってしまうという恵まれた状況でご紹介もできるのですが、さまざまな物件に出会って投資として購入を考える旨においては、なんといっても現地調査で物件がどのような状態になっているかを写真で見ることが一番の情報源となるのではないでしょうか?

 

部屋のレイアウトについては図面でもご覧いただますように、5.25畳洋室(窓と出窓/奥の角部屋にあたる)とキッチンほかバストイレ洗濯機置き場という水回りの設備のスペースになります。3点ユニット風のささやかな洗面台がバスの脇につけられていますが、トイレはバスとは別の個室になっています。(5月18日追記:改装がおこなわれる部屋は奥でなく外観全面の角部屋にあたり、出窓・浴室・設備キッチンの配置が写真と異なります)

 

 

y_IMG_2265

 

まず1Kの居室部分をワイド画面撮影でご覧いただくとこんな感じになります。残置物などはありませんが、室内のあちこちが傷んでいるのが認められます。ワイド写真のために非常に分かりにくいのですが、近づいて細部をチェックするとCFの際(きわ)が経年の劣化により、各所とも反り返っているのが認められました。ただし、これは雨漏りといった天井、壁、床下の損傷という不具合とはことなり、リフォームの観点からすれば表層のみの修繕で済むことがわかりました。

 

 

y_IMG_2264

 

今度は窓側から、居室の入り口側を見たアングルです。壁に非常に多くのが空いており簡易的に塞がれた様子が見て取れます。そういえば、窓側の写真にも壁のダメージがあることに気づきます。入口は格子の引違い扉収納は中身が押入れ然とした、造作になっています。

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

今回の現場監督は『谷本さん』です。

谷本係長

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ