2018.04.13

RC♪7階建の区分一戸をリメイク蘇生!!#9

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。

このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、    

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

RC♪7階建の区分一戸をリメイク蘇生!!#9

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 市原市】

 

y1ちはら台坪井_180402_0003a

 

RC分譲マンションの中の一戸をリメイク・蘇生(もしくは再生・原状回復)といったプランをご紹介させていただきます。

 

 

y123

 

今回はこの案件の最終回となります。洋室1.2.3.の完工の状態をご覧いただきます。

 

 

y1ちはら台坪井_180402_0005a

 

まず、洋室の一つをご覧いただきましょう(写真はドア内側より/ドアの向こうにみえる壁はキッチン)こちらは洋室1となりで、図面では右下の部屋になります。

 

 

y1ちはら台坪井_180402_0004a

 

2組の開き戸にあと1枚合わせて、5枚扉のクローゼットが埋め込まれた部屋になっています。主寝室としても使えそうなシックで広がりが感じられる空間です。

 

 

y1ちはら台坪井_180402_0003a

 

手摺りのついた窓は現調写真でも見覚えがあると思われますが、天井も壁も床もすっかりリフォームが済んで美しい仕上がりになり、窓の外の景色さえ変わってしまったかのような、気持ちの良い部屋に変貌を遂げたことが、お分かりになると思います。

 

 

y1ちはら台坪井_180402_0043a

洋室1:リフォーム前

 

 

y1ちはら台坪井_180402_0002a

 

光が窓から差し込み、ぬくもりの感じられる空間が、新しい入居者を迎えてくれそうです。

 

 

y2ちはら台坪井_180402_0001a

 

次は、図面では左上で2面の窓があり、『洋室2』とされる部屋になります。

床のフロアタイル施工から巾木天井クロス貼り替えTVケーブル付きコンセントプレートの交換等で、すっかり以前の荒れ果てたイメージも払拭されました。

 

 

y2ちはら台坪井_180402_0028a

洋室2:リフォーム前

 

 

y3ちはら台坪井_180402_0023a

 

いよいよ最後になります『洋室3』も見てみましょう。現調写真はありませんでしたが、こちらも壁紙に目立った汚れやダメージがあり、、共に、下地の補修が求められる状態でした。

 

 

y3ちはら台坪井_180402_0024a

 

このへやは四角ではなく台形の部屋ですが、リフォームがおこなわれることで、心が解きほぐされそうな趣味の小部屋として、生かされそうな雰囲気が魅力となりそうな空間になりました。

 

 

 

 

今回のように区分マンションの部屋の内部が他の区分に比較して思った以上のダメージが見られることがありますが、RC区分においては基本構造がしっかりしているだけに、天井や床下材の交換・補修などの対応策も、木造家屋のように建物全体の構造に及ぶといった広範囲なものになってしまうとは限りません。窓などの建具の基盤がしっかりしていれば、既存の建具も生かされる方向でリフォームが進められても、BeforeAfterの効果が非常に高いところでリフォームが実現することも少なくありません。

 

 

 

 

今回の現場監督は『坪井専務』です。

スクリーンショット 2017-04-26 14.37.29

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ