2018.03.12

給水管引き込みと道路本復旧工事.ch5

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

給水管引き込みと道路本復旧工事.ch5

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 一宮町

 

1施工前_P1040514a

 

今回も給水管引き込みと道路本復旧工事についてご紹介したいと思います。

 

 

P1040517a

 

いよいよ本復旧の施工が始まります。右下の黒い部分が給水工事部分ですが、地域水道局の指計に従って、両端の既存部分を山形に切り欠き、給水工事部分を含む道路全面を一旦剥がして新しいアスファルトで全面復旧しなければなりません。

 

 

P1040518a

 

壁間際まで、きっちりと計測し、墨出し線が引かれていきます。

 

 

P1040521a

 

本復旧部分の始まりと終わりを含む道路の両端が、この山形で区切られる形になります。

 

 

P1040522a

 

指定の形に沿って、正確にカッターが入れられています。

 

 

P1040525a

 

カットされたアスファルト舗装盤が元の墨出し線どおりに山形にきれいに剥がされていきます。

 

 

P1040526a

 

剥がしたアスファルト舗装路のかけらを積み込み、正しく処理される状況を示しています。

 

 

P1040527a P1040529a

 

全面のアスファルトが剥がされて凸凹になった路盤不陸整正がかけられます。レーキで入念に均したのち、路盤転圧をおこなっています。

 

 

P1040530a

 

5cmを残して、アスファルトを敷く前の路盤が出来上がり、路盤厚の検尺が終了しました。枠をつけて、次はいよいよアスファルトを敷く準備へと取かかります。

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

今回の現場監督は『渡邊さん』です

渡辺さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ