2018.03.09

給水管引き込みと道路本復旧工事.ch2

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

給水管引き込みと道路本復旧工事.ch2

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 一宮町

 

DSC_0477ac

 

今回も給水管引き込みと道路本復旧工事についてご紹介したいと思います。

 

 

DSC_0471ac

 

交換・新設する給水管の深さは80cmオフセット(道路の近い側からの水道管の設置位置)は1.85mでした。

 

 

DSC_0473a

 

既存の給水管を掘り出す際には、水道局の保管する管轄地域内の給水装置図面が参考にされますが、古い水道管はオフセット位置の数値の記録がなかったり、元が農道であったりして現在の道路と異なっていたりするなどのため、近隣の最近の水道工事記録図面などからオフセット位置の見当をつけることもあります。いづれにせよ掘ってみなければ、わからないのが難しい点です。

 

 

DSC_0480ac

 

パイプ圧着機を使って、塩ビ管の途中を押しつぶして一時止水し、LA管を通して25mm径の新しく設置した給水管に継いで交換していきます。圧着機を使用した部分は、接続前に通したスリーブによって補強されます。

 

 

DSC_0464acc

 

こちらは深さ80cmで埋設という指定に従い、継手を使って新しい配管を0.27m切り下げ接続をしました。

 

 

DSC_0462a

 

浄化槽からの排水管の工事も同時におこなわれました。

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

今回の現場監督は『渡邊さん』です

渡辺さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ