2018.02.10

1K・ロフト付きのテーゼ☆#17

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

1K・ロフト付きのテーゼ☆#17

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉市 中央区】

 

1居間DSC03372a

 

今回でついに最終章!!となります。#12でご紹介したうち居室の部分を中心に完工の様子を紹介したいと思います。

 

 

1居間DSC03366ac2

 

一方の壁の一面は木目調のアクセントクロスですが、天井のオーカー系の黄色のアクセントカラーと相性が良いとともに、下り壁の落し掛けの塗装された木部の色、そしてロフトで使用される梯子(ラダー)木の色とがあわさると全体が調和のとれた落ち着いた雰囲気を醸し出されています。

 

巾木はオフホワイト系の色のものに取り替えられ、 ナチュラルな木目調のCFとともに明るいイメージの演出に一役買っています。壁スイッチ(Panasonic /コスモタイプ)や電源コンセントも位置変更などを伴いながら、新品のもので再配置されています。

 

 

3ロフト2F奥DSC03357a

 

そしてもう一方の壁側(2階の角部屋の窓は出窓になっていました)には、袖壁に挟まれたオープン収納(濃紺の部分)になります。

 

 

3収納201完工IMG_5473a 2ロフト2F1収納IMG_5135a

 

オープン収納部分は濃紺のロールカーテンで収納と生活環境を隔てています。日本家屋の押入れの構造と異なり、床や壁の仕上げが室内と全く同じ仕様になっているので、開放すれば部屋の空間を広く使えるだけでなく、湿気などの問題も出にくく、自由な使い方を入居者に提供できるという利点があります。逆に古い賃貸物件では、襖の張り替えや押入れの中のベニヤの張替えなど、入居者が変わるたびに汚れや傷みによって原状回復が必要になってしまうことが少なくありません。

 

 

3収納DSC03371a3収納DSC03370a

 

ロールカーテンを巻き上げると居室と同じ床と壁に枕棚ハンガーポールがしつらえてあります。またこの物件は天井付近までにもう1段ほど収納棚も備えており、収納スペースを確保するのに役立っています。

 

 

6居間天井DSC03373a

 

2階のロフトには屋根に設けられた採光窓が船底天井のさらに上へと空間を広げてくれています。採光窓と天井スペースはアクセントカラーでイメージがまとめられており、壁面と木部の塗装と色が響き合うようなコーディネートに加え、ダウンライト式のシーリングライトが落とす光が空間に変化をもたらしてくれます。

 

 

4ロフト2F奥DSC03362a

 

ロフトから見下ろした居室。2階は開放感のある高い天井もまた魅力です。

 

 

4ロフト2F奥DSC03361ac

 

窓からもいっぱいの日が差し込んでいます。

 

 

5居間1FIMG_5510a

 

1Fの天井も同じく圧迫感のないすっきりとしたデザインのダウンライト形式のシーリングライトが複数方向へ光を振り分け、古い照明に比べると格段に機能が高まります。

 

 

2居間DSC03374a

 

現調から施工完工と見てきましたが、、

 

1Kは便利<正(テーゼ)>

1Kは不便<反(アンチテーゼ)>

 

いづれが正しいのか?よく議論されるといわれます。が、1Kのリフォームは間取り変更も含めてこのように要素が加算・減算・集約されたプランニングをもってすれば、劇的な変貌を遂げることができる大きな可能性を秘めているといえるのではないでしょうか?

 

 

 

 

今回の現場監督は『堀さん』です。

掘さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ