2018.02.05

1K・ロフト付きのテーゼ★#12

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き

1K・ロフト付きのテーゼ★#12

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉市 中央区】

 

居間201IMG_4697

 

今回は#6でお伝えしたロフトと居室の施工の様子をあわせて紹介したいと思います。

 

 

居間202IMG_4710 

 

屋根の裏に当たる天井の高い部分や、採光窓の掃除はできないばかりか、白やアイボリーで経年によりくすみや汚れなども付着してきます。高所はまた湿気や温度差により、痛みの生じやすい箇所でもあり、効果のあるのは、やはりクロスの貼り替えになりますが、この高所部分に色や質感などデザインにメリハリもあり、質自体も高いアクセントクロスを使用するのが効果的です。

 

 

居間205IMG_4785

 

収納用袖壁を形成(縦の木枠の部分)し、横木の部分は収納のまくら棚とポール設置箇所になります。古い照明器具は取り外してLEDのダウンライトに変更します。やはり、電球だけを取り替えるられた部屋と新しい照明器具に変えられた部屋とでは、入居者へのアピール度もおのずと違ってくることでしょう。

 

 

居間201201+IMG_4700a   

 

2部屋を貫くために開けられた壁を復帰

こちらは1Kの2部屋を繋げるために開口された壁を再び1Kそれぞれに戻すために壁を塞いでいます。

さらにTVケーブル付きコンセントの増設や移動など、大工仕事のあとは壁スイッチの新設など電気の施工も、進められていきます。

 

 

居間201IMG_4705

 

部屋にあるエアコンも、動作を確認しておきます。このエアコンは使用できるようですが、リモコンがありません。せっかくのエアコンもリモコンなしででは使えません。古い機種であるため汎用リモコンも手配しておきます。

 

 

居間クロス下地IMG_4975

 

窓があるところは全て、網戸に破れがないかもチェックして、網戸の張替えをおこないます。

 

 

居間クロス下地IMG_4974

 

古いクロスを剥がしていきます。高い部分から低い部分へとむかって作業を続けていきます。

 

 

居間クロス下地IMG_4973

 

古いクロスを剥がし、クロスを貼る前に下地を整えるために、荒れた壁面を均一に慣らすためのハツリや、壁や間仕切りを造作し終わった接合部のパテ塗りをしています。一見表面が荒らされているだけのようにも見えますが、まだらに色がボケている部分は、最後のペーパーがけといった下地作業が入念におこわれているになります。

 

 

 

居間アクセントIMG_5073

 

壁クロスはただ貼ればすぐに綺麗になるというものではなく、下地を丁寧に整えておかないと決して美しい仕上がりにはならないので注意が必要です。

 

 

 

 

次回より、待ちに待った完工の紹介になります。ご期待ください!!

 

 

 

 

今回の現場監督は『堀さん』です。

掘さん

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ