2018.01.23

☆ハイインパクトな横断幕を作成!!【chapter2】

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に続きまして

☆ハイインパクトな横断幕を作成!!【chapter2】

をご紹介させていただきます。

 

場所:【一宮町 ピカいち新築アパート

長屋看板38m×1.4mc

 

今回も弊社で現在新築中の長屋アパートのフェンスに取り付ける横断幕広告の作成について、ひきつづきご紹介させていただきます。自社建築・施工の収益物件というだけでなく、フェンスのスペースを施工中から『自社広告』・『募集広告』・『客付け/入居者募集』といった展開をしていきます。

 

 

23752a

 

 

現地の写真を撮影しての写真から広告スペースの比率に合わせて構成内容の大きさと視認性を確認するための CG合成により、机上シミュレーションをおこなっています。

 

 

23753a

 

パソコン上でのレイアウトは拡大縮小も自在なために、ポスターや看板などの大きな制作物を作成する際に現物の大きさが把握しづらく、ともすると情報が小さく入ってしまいがちです。大きい面積なので情報はたくさんいれたくなりますが、見る側がどこまで近づけるのか?も大きなアド広告の制作の上での判断の拠り所になります。

 

 

23759a

 

そのようなイメージの認識の誤差を避けるためには、作成するデザインを現地の写真に当てはめるだけでなく、複合機で出力してやや遠くから眺めたりして、実際の広告物から離れた際の見え方のバランスもまたチェックをするようにするとよい結果が得られます。1、2、の横断幕は上のものでほぼ決定稿となりました。

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

オフィシャルブログ