2018.01.22

☆ハイインパクトな横断幕を作成!!【chapter1】

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 

☆ハイインパクトな横断幕を作成!!【chapter1】

をご紹介させていただきます。

 

場所:【一宮町 ピカいち新築アパート

 

長屋看板_171006_0009統合

 

今回は弊社で現在新築中の長屋アパートのフェンスに取り付ける横断幕広告の作成についてご紹介させていただきます。

 

 

長屋看板_171006_0009統合

 

設置場所は弊社で新築中の長屋アパートの『ウッドフェンス部分』になります。

 

ウッドフェンスの全長はざっと38m!! 膨大なスペースですが、かなりの横長になるため、バランスのとれた情報の配分が求められるでしょう。

 

上記を踏まえて約3分割し、3枚の広告スペースとして横断幕を作成するプランを考えました。

1枚あたりの大きさはH160cm×W1260cmになります。それでも全長12.6mですが、3分割することで38mもの1枚の帯を扱うよりはるかに容易になります。また、1枚ごとに張り替えたりして情報を更新することも可能になり、汎用性の高いプランであると思われます。

 

3枚のおのおのの設置順は海岸を目的地とした場合に、上総一ノ宮駅方面から来る車において右側から順に横断幕が視認されるように想定しています。

 

 

3枚の構成内容

1. 株式会社ピカいちの丸型ロゴマーク事業内容社名ロゴタイプコーポレートカラーブルーイエロー主体で表記する

 

2. 弊社の募集チラシ社屋前大看板に使用されている共通イメージキャッチコピーに加え、『施工スタッフ募集中!!』の告知 [ピカいち 求人 検索窓]のイメージ

 

3. チラシ配布ボックスの目印長屋アパートの情報および入居者募集中!のコピー(内部写真は完成しないと撮影できないため使用できる情報・イメージは限られます)

 

 

まず実物大においての、空き地をまたいだ道路を走る車からの視認性を考えます。そうしながら、1/10の大きさでデザインを練っていきます。

 

長屋看板_171006_0004a

←進行方向:海に向かう車からの視認性を考慮にいれます。

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

オフィシャルブログ