2017.12.18

ブロワの交換〜〜♪

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 

ブロワの交換〜〜♪

をご紹介させていただきます。

 

ブロアー_171208_0016a

 

今回は浄化槽のブロワの交換について簡単にご紹介させていただきます。

 

 

ブロアー_171208_0010a

 

微動だにしなくなったブロワです。通常では7〜10年くらいは寿命があるとされていますので、5、6年で壊れてしまったら、寿命を全うできたとしてもちょっと不運といえるでしょう。(このブロワは盗難防止用にプラの鎖が巻き付けられていました)

 

 

ブロアー_171208_0009a

 

およそどのブロワでも、上部のカバーを外すと薄いスポンジのようなフィルターが付いています。機種が違っても同様にこのようなフィルターがついており、約3ヶ月に一度くらい外して埃やゴミを払ってあげると良いです。ただし、それ以外の場所は分解してはいけません。

 

 

20171208_171208_0002a

 

さて、新しいブロワですが、浄化槽の容量に大きさにあわせて番記がありますので、適したものを選びます。この場合は60サイズになります。

 

 

20171208_171208_0008a

 

壊れてしまったら、もう交換せざるを得ないのですですが、どのくらい持ったのか?どのメーカーが良いのか?などを知るためには設置年月のラベルを記入して本体に貼って置くと良いでしょう。

 

 

20171208_171208_0009a

 

設置はいたって簡単ですが、注意すべき点があります。安定した台に水平に設置、浄化槽へのパイプに対して無理な力がかからないように90°の水平垂直を保った位置になるように置きます。本体下の四つの足がしっかり接地していることを確かめます。

 

 

ブロアー_171208_0002a   

 

ホースバンドはあらかじめ吐出側か受け側のどちらかに通してからゴムジョイントをつなぎます。

 

 

ブロアー_171208_0006a

 

電源を入れて作動させます。作動による振動で本体がずれたりしないか確認して終了です。

 

※ブロワが早くこわれる原因の一つとしては、フィルターの詰まりのほか、浄化槽までの空気のラインが詰まっているということも考えられます。浄化槽の専門業者による定期点検の際に、一緒に見てもらうこともブロワを長持ちをさせる秘訣です。 

 

 

余談になりますが、浄化槽のブロワは新築などで、取り付けがされた途端に盗難に遭ってしまうということがままあります。同様に井戸を設置してすぐの電動ポンプにおいても同じことが起こります。一度設置すれば数年問題なく使用できる設備も、初期段階で失ってしまっては元も子もありません。施工中や施工後にも何らかの防犯対策(例えば何かを結ぶといった視覚的にでも)をおこなって置くと良いと思います。

 

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー

オフィシャルブログ