2017.09.12

外壁 Overhaulin’シミュレーション!!

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は

外壁 Overhaulin’シミュレーション!!

をご紹介させていただきます。

 

Baidu IME_2017-8-23_14-0-35d

 

近年人気のツートーンカラーですが、フルリフォーム・リフォームを施した投資物件においてもその効果は有効です。せっかく内装のフルリフォームを行なっても、入居者の案内の際に古い外観のみで判断されて成約をのがしてしまうケースもあるといわれます。

今回はツートーンの配色例画像加工でお伝えしたいと思います。

 

 

Baidu IME_2017-8-23_14-0-35a

 

こちらは最初の写真をもとにしたカラーシミュレーションです。カラーシミュレーションには費用や手間も発生しますが、どうしても完成が予測できにくい場合等はその予算を組み込む価値もあるといえます。

今回は自社物件でのテストケースになります。

 

限りなく黒に近いグレーとのツートーンに加えインサートカラー(差し色)に少量の赤を足しています。ツートーンも単純に1対1ではなく、黒3:白2もしくは3:1などの主張色(黒)従属色(白)といった比率も考えられています。

 

細部においては排水パイプの赤(差し色部分)、ベランダ上の洗濯干しのハンガーの黒など分散配置された色の並びが確認できます。

 

 

Baidu IME_2017-8-23_14-1-26Baidu IME_2017-8-23_14-1-26a

 

写真さえあれば別の角度でも同じく仕上がりの予想ができますが、コストを抑えるならカラーシミュレーションはあったとしても1方向、1パターンのみという方が現実的です。色さえ決まってしまえば、塗装は従来通り指示のみで進めるからです。 

 

 

Baidu IME_2017-8-23_14-2-8

↑Before
↓↓After

Baidu IME_2017-8-23_14-2-8a

 

色の明度、彩度、色相、面積の配分が考えられたツートーン塗装です。いかがでしょうか?

 

 

Baidu IME_2017-8-23_14-2-34

↑Before
↓↓After

Baidu IME_2017-8-23_14-2-34a

 

こちらは塗装作業の塗り分けの指示において、見落としがないかをビジュアルで確認する作業に使われました。

 

 

今回は画像加工のみのシミュレーションによってツートン塗装をご紹介しましたが、築浅物件に負けない客付けを招く手段として、ツートンの外壁塗装はいま最も注目すべきリフォーム項目になりつつあるといえるでしょう。

 

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ