2017.09.10

乾式コア抜き:ダイヤモンドは砕けない!?

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は

乾式コア抜き:ダイヤモンドは砕けない!?

をご紹介させていただきます。

 

乾式ダイヤコア抜き_170902_0007a

 

キャリーハンドルが付いたこの巨大なポリ容器の中身は何でしょう??

 

 

乾式ダイヤコア抜き_170902_0004a

 

容器の中身は…コア抜きという作業で使用される乾式 ダイヤモンドコアでした。

 

 

乾式ダイヤコア抜き_170902_0006ac

 

穴あけは注水方式のものと水を使わない乾式の2つの方法があります。

このカッターは乾式でセンタードリル方式になります。

 

31SU4aLzYML

穿孔はセンタードリル方式であれば所定の回転数を満たした電動ドリルにそのまま装着、もしくは台座付きのコアドリル・ダイモドリルと呼ばれる工具(台座にアームと移動可能なモーター部分のついた卓上ボール盤のような回転工具)に装着して使用します。

 

 

乾式ダイヤコア抜き_170902_0010a

 

カッター部分自体は150mmという大きさのため、かなりの重量があります。

押出成形セメントコンクリートモルタルサイディング等、各種作業に適合するカッターを使用します。

 

コア抜きには必要に応じたサイズのヘッド(カッター)が必要になります。

この150mmは換気扇の設置のためのコア抜きに使われました。

 

 

床下の先行配管_一宮長屋新築工事 土台、大引搬入、敷込み_170828_0016ac

 

またコンクリートの基礎配管を設けるような際もこのようにコア抜きがおこわれます。

 

 

product_5212_1

 

ただし、既存の壁にコア抜きを行う際には、写真のような下地センサー・デジタル探知機コンクリート探知機をつかって、埋設物がないかチェックしてコア抜きを行ないます。

 

コンクリート探知機は素材モードを選んでスキャニングをおこなうと、その素材の他の鉄筋、非鉄金属、塩ビパイプ、CD管、電線・AC電源木材等の探知が可能です。

 

 

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ