2017.09.01

「床下換気」ねこ土台・基礎パッキン工法☆

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

こんばんは。 本日は 前回 に続きまして

 

「床下換気」ねこ土台・基礎パッキン工法☆

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 長生郡】

 

 基礎パッキン敷き込み_一宮長屋新築工事 土台、大引搬入、敷込み_170828_0004ac2  

 

今回は『ねこ土台』と呼ばれる基礎パッキンの敷き込み工法の施工になります。

 

 

基礎パッキン敷き込み_一宮長屋新築工事 土台、大引搬入、敷込み_170828_0010a

 

基礎パッキンとは、住宅の床下の換気を行うために、基礎と土台の間に敷く通気部材のことです。
従来の基礎に換気口を設ける代わりに用いられ、土台から基礎を分離させるので土台からの湿気を基礎へ浸透するのを防ぎ、建物の基礎の耐久性を向上させる効果があります。建物の周囲にわたって通気孔ができることになり、全体的に風が通るので、基礎を欠きこんで換気口を設ける場合に比べ、構造の弱体化を防げるとともに、通気量もコントロールしやすいといわれています。

 

 

基礎パッキン敷き込み_大引_一宮長屋新築工事 土台、大引搬入、敷込み_170828_0008a

 

側面から見ると樹脂製のパッキンに多数の通気口が見てとれます。

 

 

基礎パッキン敷き込み_一宮長屋新築工事 土台、大引搬入、敷込み_170828_0002ac

 

こちらは通気口がありません。

なぜでしょうか?

 

 

基礎パッキン敷き込み_一宮長屋新築工事 土台、大引搬入、敷込み_170828_0002a

 

こちらは防風パッキンと呼ばれるもので玄関周り等に使用し、通気用とは逆に玄関周りの隙間風を防ぎます。

 

 

 

 

…次回に、続きます。

 

 

今回の現場監督は『海老名さん』です。

海老名さん

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ