2017.08.29

ニッチなRC区分!3LDKフローリング張替Part-2

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は 前回 に引き続き 

ニッチなRC区分!3LDKフローリング張替Part-2

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 習志野市】

 

5キッチンから_習志野市藤崎 谷本さん_170808_0009a

 

RC区分 3LDKの床を一部かさ上げして段差のないフラットフロアとし、フローリング全張り替えを含むリフォームをおこなった案件の完工編です。

 

 

0玄関_習志野市藤崎 谷本さん_170808_0017a

 

玄関はサンゲツ:フロアタイルのビアンコでリフレッシュ!!

 

 

501

サンゲツ:フロアタイル 【ビアンコ:IS501】

 

清潔感のある大理石模様のフロアタイル、ビアンコ(BIANCO/白)の一択でもかなりの玄関イメージは改善されます。個性やムードを出したいなら、ベージュ系の選択もまたあり。

 

 

1エントランス棚_習志野市藤崎 谷本さん_170808_0008a

 

ニッチ*で設置された電話台と収納。奥はウォルナット板目でシックに仕上がりました!!

 

 

117816402

サンゲツ:FE1927 TH-9427【ウォルナット板目】

 

ニッチ*の奥に使用した木目調のアクセントクロスですが、面の大きさや形によっては横目使いにしてもまた意外な効果を出せそうです。

 

 

2入り口_習志野市藤崎 谷本さん_170808_0006a

 

玄関から向かって左の壁がニッチの電話台スペースになります。

今回フローリンングはCF(クッションフロア)でなくオーナー様より支給の木材になります。

無垢の木肌はリフォームの視点において、マジョリティな嗜好として受け入れられ需要もどんどん拡大しています。

各部屋から折り戸のクローゼットの床までがすべてレベル(高)を合わせて統一されたフローリングは圧巻です。

 

 

*ニッチNicheとは建造物内部の壁面に設けて神像や装飾品を安置する「隙間」や「くぼみ」のことです。一手間かかりますが、壁の隙間を使って収納スペースを創出できるばかりでなく、心に訴えかけてくれる空間づくりにも効果が得られそうです。

 

 

続きもまた、ご期待ください!!

 

 

今回の現場監督は『谷本さん』です。

谷本係長

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ