2017.08.28

『基礎』工事が終わってからの搬入エトセトラ

不動産投資を始められて、リフォームの内容などに悩まれる方も多いと思います。
このブログでは「こんな物件をリフォームをしたらこうなった」というような内容を毎日更新させて頂いております。
もちろん、お問い合わせを頂ければありがたいのですが

お問い合わせを頂けなくても、『このブログを見て』修繕工事の参考にして頂き、

皆さまの不動産投資が成功されることを切に願っております。

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

 

こんばんは。 本日は

『基礎』工事が終わってからの搬入エトセトラ

をご紹介させていただきます。

 

場所:【千葉県 長生郡】

 

搬入一宮長屋新築工事 土台、大引搬入、敷込み_170828_0018a

 

今回は新築工事のうち『基礎』工事が終わってからの搬入について紹介いたします。

 

搬入一宮長屋新築工事 土台、大引搬入、敷込み_170828_0020a

 

今回の部材の搬入項目はおよそこんな感じです。


土台 防腐・防蟻(ぼうぎ)処理された木材
大引 
スタイロフォーム(断熱材)
鋼製束
構造用合板
一階柱

 

 

搬入一宮長屋新築工事 土台、大引搬入、敷込み_170828_0019a

 

 

部材が必要な工程必要なものだけが過不足なく必要なタイミングで効率よく搬入されることによって、施工現場の作業がスムーズに進みます。

 

作業のタイミングと異なる余分な部材は作業スペースを占拠してしまうだけでなく、保安管理においても不安要素になりえます。計画的な搬入もまた、より効率の良い施工においてのとなります。

 

 

次回に、続きます。

 

今回の現場監督は『海老名さん』です。

海老名さん

 

br_c_1538_1

↑↑↑クリックお願いします。

クリックをして頂けると

次の更新への励みになります。😀

☆お得なキャンペーンや不動産情報☆も開催&ご紹介させて頂きます。ただし、告知方法はブログのみでしかしないので、毎回ブログをチェック☆彡宜しくお願い致します🌟

更新をメールでお届けできます。メールアドレスを入れて「登録する」ボタンで登録完了です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

オフィシャルブログ